フリーランスで仕事して、辛いこと、楽しいこと

外側の安定を求めるなら、会社に就職して生きたほうが絶対いい。
外側の安定とは、衣食住の安定に加えて「見栄」「地位」「プライド」のことだ。

逆に、内側の安定を求めるなら、フリーランスで生きたほうが絶対いい。
内側の安定とは、「幸せ感」「ストレスのない心の健康」「ワクワク、ドキドキ」といったところだ。

つまり、フリーランスで生きながら、衣食住の安定や「見栄」「地位」「プライド」を持とうと考えているなら、そんな人は就職したほうが良いと思う。

らいこと

僕らのようなミュージシャンは、事務所やレーベルに所属して毎月給料が出る場合もあるけれど、基本的にはCDの印税や、ライブやグッズの売上に応じて歩合で契約している個人事業主だ。

僕の場合は今、どことも契約はしていないので毎回1回限り。
メジャーアーティストのサポートも数件やらせてもらっているけれど、毎ライブ契約しているような感じだ。

その他、ギター講師をしたり、こういったコラムも書いているわけだけれど、例えば今日はこんな記事を書いた。

記事を書くだけでなく、楽譜を作成したり、動画を撮って編集したりと、記事一個を作成するのにかかった時間数でいえばけっこう掛かっているだけれど、例えこの記事を書いたところで、ブログにアクセスがなければ、レッスンを受けに来る生徒がいなければ収入は0円だ。

これが会社やバイト先で与えられた仕事なら、時間に応じてノルマに応じて給料がもらえるわけだから、そう考えると「仕事」と呼べるのだけれど、実際記事を作りおわった時点でお金は生まれていないのだから「仕事した」という感覚がない。

アーティスト達も、売れてようが売れてまいがそんなふうに音楽を作っていて、お金にならなければ外から「仕事してない」「遊んでる」と言われて、そんなふうにたくさん言われるわけだから、本人もそんな気になっていってしまう。

やった分だけ結果が出る、働いた時間だけお金がもらえるわけじゃなく、どんなに頑張っても1円も生まれない可能性があるというのが、つらいこと。

昔は色々バイトもしていたけれど、「時給」という働いた分だけの確実な収入が約束されているというのは、何ともありがたいシステムだなぁって感じるから、今だったらバイトしても、就職しても、めちゃくちゃ感謝しながら一生懸命働けると思う。
そういった意味では、一度フリーランスとしてやってみるのもいいかもしれない。

しいこと

『衣食住の安定に加えて「見栄」「地位」「プライド」といった「外側の安定」を求めるなら、フリーランスになるのはやめたほうがいい』と言ったけれど、そういった意味では上に挙げた「つらいこと」は実際のところ、つらくない。

外的な「不安定」を楽しむことから始めなくちゃダメだ。

よく、「自分にはスキルがないから」「能力がないから」「ノウハウや知識がないから」と言う人がいるけれど、それは「外側の安定」を求めているから出てくる言葉だ。

「内側の安定」を求めていれば、別に自分の家がなくても生きていけるし、一日3食満足に食べていけなくても生きていける。
少ない収入でも、自分を必要としてくれる存在が一人でもいれば、それだけで幸せなもんだ。

そんなわけで、「外側の安定」を求めることさえやめてしまえば、やること全てが楽しくなってくる。

例えば、「どうやったらギターを習いに来る生徒が増えるだろう?」って考えると苦しい。
この考え方ってつまり、「どうやったら収入が増えるだろう?」って考えているからだ。

これが、「どうやったら、みんなにギターを上達させてあげられるだろう?」「どうやったら、もっと音楽の楽しさを伝えられるだろう?」って考えられるようになると一気に楽しくなってくる。

そして、そうやって考えたほうが不思議と仕事も上手くいく。

だけど、「どうやったら収入が増えるだろう?」とお金について考えているわけではないから、ふと「外側の安定」について考え出すと一気に不安になってしまう。
「よく分からないけど、今上手くいってるのだから良いではないか」と割り切って生きる覚悟が必要だなぁ、と思う。

具体的に楽しいことといえば、自分の都合で予定を変更できること。

先日は、仕事のことで悩みを抱えているお友達から夜中に電話が掛かってきたんだけど「それじゃ、気分転換に行こう!」と言って車で家まで迎えにいって海へドライブに行った。

僕は実家が農家で自営業なものだから、「今日は雨だし、仕事休んで家族みんなでお出かけしようか」とか「○○さんが事故に遭ったみたいだから、仕事切り上げてお見舞いに行こうか」とか、そんな光景を見てきて育ってきて、それが普通なんだと思ってた。
東京に出てきて、会社員と知り合って、忌引きでは休めても、友達が入院してるくらいじゃ休めなくて大変だなぁ、って思った。

もちろん、収入は安定しないから、家族だったり、友達だったりに迷惑を掛けることはあると思う。
だけどそれは、何も持っていない自分を助けてくれる人がいること、ありのままの自分を認めてくれる人がいることを感じられる瞬間でもあるし、しっかりそこに愛と感謝を感じて、いつか恩返ししたいと思って生きていけるなら、素敵なことだと思う。

外側の安定を求めて生きるか、内側の安定を求めて生きるかはあなたの自由だけれど、僕は愛にまみれて生きることにしたよ、って話。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事