風邪は神様の贈りもの

自然療法の世界では、そんなふうに言ったりするそうな。

風邪というのは、身体にちょっとした歪みができると起こる症状で、身体の歪みが大きくならないうちに、度々ブレを治してくれるありがたい存在なのだと。

「ドイツの医科大学のイセルス教授というニンジンジュースを基本にガンの自然療法をしている先生の言葉で 『世界には二人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ』というものです。」 (『東洋の智恵は長寿の智恵』渡部昇一・石原結實共著・PHP研究所・P.161)

 

「癌になる人とか脳溢血になる人とかいうのを丁寧に見ると皆、共通して風邪も引かないという人が多い。 長生きしているしている人を見ると、絶えず風邪を引いたり、 寒くなると急に鼻水が出るというような、いわゆる病み抜いたという人である。」 (『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.21)

なんて言われていて、「風邪をひかない」というのは身体が丈夫なわけでなく、身体の歪みに対しての反応が鈍っているそうな。

子どもは高熱を出すけれど、熱が上がるというのも自然治癒力の力で、大人になって高熱が出づらいのも、その自然治癒力が下がっているからだという。

確かに、言われてみれば身体が丈夫そうな人ほど、急に倒れたり、大病にかかったりするかもしれないな、と。

今日はツイキャスを休んでしまって、申し訳ないのだけれど、風邪が流行る時期だし、せめて「こんな話があるよ」というのも共有できれば、と。

僕は自然派志向の人間だから、熱や鼻水、食欲が無くなるのは、歪みを治すための良い作業だと思ってるから、基本的に薬は飲まないんだけど、社会人やってるとそうもいかないよね。

でも、風邪をひいた時は、絶好の休み時。
本当はそんな時、みんな休めたらなぁ、と思う。

「お大事に」と声をかけてもらえる環境に感謝。
ありがとう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事