矯正箸のラブレター

バンドマン界隈でもけっこうそうだから、男の子って女の子の箸の持ち方をけっこう気にするのかもしれない。

僕もそんな中のひとりで、自分の親に紹介したりすることを考えると、やっぱり気にしてしまう。
 
とはいえ、今は親と同居する時代でもないし、親も時代には許容するタイプだから、昔ほど気にはしてない。
正しい箸の持ち方ができてたほうがいいなぁ、くらい。
 
そんなわけだけど、ある女の子を好きになって矯正箸をプレゼントしてしまったことがあるわけだ。
 
あまり普通しないプレゼントだとは思うけれど、僕にとっては「結婚を前提に付き合って下さい」「結婚を考えてます」という気持ち。
 
逆に言えば、若い時は楽しければいいやーみたいなくらいでお付き合いできるし、将来を見据えてまで考えないから、さほど気にせず生きてきたのだけれど、結婚した友達にどうしてその人と結婚したのかって聞くと「未来を想像できる相手だった」とか「この人との子供が欲しいと思った」ってセリフを耳にしたりする。
 
別に、恋をする時はいつも本気だけれど、そんなふうに未来を想像してしまったから、箸をプレゼントしちゃったんだろうなって思うし、この人をお付き合いする最後の女性にしようっていう自分への覚悟でもあったんだろうなと思う。
 
箸の持ち方が美しい女性は、2割増しで可愛く見えるし、男の子って「オレの彼女可愛いだろ~」って自慢して周りたい生き物なんだな、って思う。
 
 
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事