サナダヒデト@ムロフェス後夜祭

8月8日は渋谷O-CrestにてMURO FESTIVAL 2016 “後夜祭”。
サナダヒデト バンドでギターを弾かせていただきました。

出演者はこんな感じ。

ARCHAIC RAG STORE
POETASTER
ホロ
MOHAMEAD
サナダヒデト
CUma
石井卓とジョン中村
TEDDY
GEMINI
アオイハル
PURPLE HUMPTY
→SCHOOL←
rem time rem time
フィッシュライフ
theBrush

ムロフェスには過去に2回ほど出演させてもらってるんだけれど、後夜祭は初めて。
もちろん、たくさんの人の前で演奏できたほうがいいけれど、ステージに立って目の前のお客さんの前で演奏するという意気込みは客数やステージの広さには関係ない。

サナダさんがMCでも話していたけれど、ドラムのジョン中村は「石井卓とジョン中村」でも出演していて、ベースの佐藤周作はスタート時間からDJを務めていて、僕は女の子のことを考えるのに忙しくて(笑)。
お客さんもそうだと思うけれど、普段のライブとは違って昼間から夜遅くまで続く長丁場の一日。
まさにフェスですね。

まだまだサナダさんの横でギターを弾きはじめたばかりだから、曲に慣れるのが大変ではあるけれど、毎回新しくやる曲が追加されるのは新鮮で楽しい。
昔からバンドでやっている曲もあるかもしれないけれど、お客さんも同じように新鮮に感じてくれていたら嬉しい。

とにかく、ステージの上、ライブの瞬間というのは特別なもので、「あぁ、この瞬間だけは平和だなぁ」と思った。
そんな楽しさがあった。

クレストも長らく出ていなかったから、出演バンドもスタッフも当時とは変わってしまっていて、半分以上面識がなかったのだけれど、一方的に知ってもらえていて話しかけてくれたりと、ライブ後も嬉しい場面があった。

尊敬される先輩になるっていうのはけっこう難しいことで、しかも会話もしたことがない相手に影響を与えるのってのは尚更難しいことで、そんな誰かの何かになれていたと思える瞬間があると、自分の生き方は間違いじゃなかったって思える。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事