二兎を追う者は一兎をも得ず

って、ことわざがあるけれど、二羽とも同じ距離にいて、同じように白くて美しかった場合、いったいどちらのウサギを追えばいいのだろう? 

ことわざを聞いたら大抵、「ふむ、なるほど」と感心したり、上手いこと言うなぁ、確かにわかるなぁ、と感じるけれど、実際にその状況に立たされると、疑問が生まれたり、理解に苦しんだりするものなんだな。
 
ちなみに、なんでウサギは一羽、二羽って数えるかっていうと、江戸時代、仏教の浸透で四足の肉を食べることが禁止されていた時があって、ウサギは四足の動物なので本来食べてはいけないんだけど、「やっぱ獣肉食べてぇよなぁ」「ウサギってさ、鵜(ウ)鷺(サギ)じゃん?」「あれ、鳥じゃね?」「これ、耳じゃなくて羽じゃん?」「鳥だから食べてもよし!」というこじつけで鳥扱いされて一羽、二羽と数えられるようになったと言われてます。
 
他の説では、「一把(いちわ)、二把(にわ)」という束ねたものを数える単位があるんだけど、狩猟で捕まえたウサギは耳を束ねて持ち歩かれていたから、一把、二把と数えられていて、それが後に一羽、二羽に変化したのだと。
 
また他の説では、ウサギの狩猟の仕方が鳥の狩猟の仕方と同じだったからとも言われてます。
 
四足で羽があるなんて、天使のようだね。
そんじゃ、また。
 
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事