パソコンのない生活

とりあえず、時間ができるということ。
そして、時間ができてもどうにもならないということ。

なんだか、世の中が便利になって、昔よりも今のほうがたくさん時間があるように思う。
だけど、その便利さのおかげで時間がないような錯覚を覚えてしまう。

改めて、ブログだったり、動画だったり、SNSについて考えるのだけれど、数字が可視化される世界というのはなんとも惨いものだな、と思う。

どれだけアクセスがあるから、どれだけ見られているから、どれだけフォロワーがいるから、というのが価値になってしまって、どんどん元の価値から離れていってしまう。

それが商品としての価値ならいいのだが、仕事として利用していない人でも、その数が自分の価値を計る指標になってしまって、苦しんでしまっているように思う。

友達なんて、3人もいれば十分。
理解してくれる人なんていなくても、それでも付き合ってくれる人がいれば十分。

自分の価値を、数や賛同で判断するのは、そろそろ飽きてもいいんじゃないかと思う。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事