置いてかれた感

学生の頃、風邪とか病気で3日とか1週間くらい休んでしまった後、登校するのが怖かった。
なんだか、その間に自分が忘れ去られてしまったようで、その間に会話についていけなくなってそうで、怖かった。

だけど、実際行ってみて、一日過ごしてみると、大して変わってないことに気付く。

ちょっと前にパソコンが壊れてしまって、ネットにほとんど繋がらず、ひとりで過ごす時間が多かったのだけれど、そんなことを思い出した。

みんな、そんな「置いてかれた感」が怖くて、毎日せかせか何かを発したり、何かに答えたりしてるのかな。

流行っているドラマやテレビ番組を見逃しただけで、会話についていけない不安ってのが昔はあった。

今も変わってないな、ならいいのだけれど、今はそれが過剰だな、と。
みんな、置いてかれることに怯えて、せかせか生きている。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事