受動化されていく社会

僕の持っている心理学の知識をフル活用して、ブログのタイトルや内容を編集し直したら、それだけでアクセス数が3倍になった。
そんなわけで、ここ数日、ブロガーと化している。

なんで、そんなふうになったかというと、「夢」を持ったんだよね。
あ、今まで見てたのは「現実」だな、って。

簡単に言うとさ、例えば会社に勤めてて、頑張って将来部長になりたいとか、将来家を建てたいとか。

それって、夢じゃなくて、現実的なラインじゃん?
飛び越えないじゃん?

そんなこんなで、稼ぎたいなぁ、と思ってるわけ。
意識が自分じゃなくて、外に向かったんだよね。

自分ひとりだったら、30万もあれば十分生活できるんだけど、例えば、恵まれない人達を助けたいと考えたら、1000万稼いで970万寄付すればいいじゃない?
簡潔に言うと、そんな感じ。

その過程で、ちょいとブログをいじっていたのだけれど、今の人間ってとても受動的なんだなぁ、と。

スマホを持って、いつでもどこでも自分の好きな時に、好きなことを調べられる。
という能動的な感覚。

だけど、本当はあなたが検索するであろうワードを先に想定してサイトが待ち構えてるだけなんだよね。
それを、何層にも渡って仕掛けられてる。

だから、例えば、本屋に行って気になるタイトルを見て、「それそれ、私が探してたのはこの本、この言葉」みたいのとはちょっと違う。
脳の奥底に埋もれていた、本当に求めていたものを引き出してくれる魔法はバーチャルの世界にはない。

でも、それでいいんだろな。
本人は、自分で見つけたと感じられるのだから。
そう、感じられれば幸せだ。

個人的には、そんなわけで、最近人と話すのがとても楽しい。
予想外の言葉や感情をくれるから。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事