この世界は僕が作っている

おかしなこと言ってると感じる人もいるかもしれないけれど、最近本当にそう思うようになってきた。

それは夢の中で、あなたが僕に出会うのと同じように、僕はあなたに出会ったことを覚えていない。

同じように、僕が会ったあなたは、あなたではない。

そんなふうに、たくさんの僕が存在していて、たくさんのあなたが存在していて、そうやって無数の僕とあなたが人口の数だけ存在している。
宇宙とは、そんなところだ。

だから、ある人にとっては愛される僕だし、ある人にとっては憎まれる僕だ。

だけど、その体験を自分自身がするとは限らない。

不思議だけれど、宇宙とはそんなところだ。

「引き寄せの法則」なんて言うけれど、あれは本当で、この世界の全ては僕が引き寄せている。

別に信じても、信じなくても良いのだが、そう考えると物事がとても単純に見えてくる。

「引き寄せられない」のではなくて、本当に全てを引き寄せているのだ。
そう、本当に全て。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事