理由のない関係

前に、人と食事をするのが嫌いと書いたと思うけれど、僕は順序立てて人と仲良くすることが苦手。

何度か努力はしてきてるんだけれど、やっぱりお茶から始めて、食事をして、飲みに行って、友達になって、親友になってとか、恋人になってとかそんなふうにはならない。

出会ったその日から、親友関係は始まるし、恋人関係は始まる。
相手はどうか知らないけれど、そんなことは最初に会った時から決まっている。

だから何度か会うことを重ねて仲良くなる、好きになるってことは、相手にはあっても僕にはないし、なんだかそういうのを見てると時間の無駄だなぁ、なんて感じることもある。

あとは、やっぱり大人になれないなぁ、と思うのは、「恩」という概念。

恩というのは与えられるものであって、与えるものではない。
と、僕は思う。

だから、「あなたに〜してあげたのに」という価値観を理解することが難しい。

与えたらそこで終わり。
その先の続きはいらない。

商売を考えて、お客さん目線で考えるとそれじゃいけないんだけど、プライベートの人間関係においてはそうやって生きていて苦労はない。

だけど、お客さんだって、そんな関係求めてるように見えるけど、そんなふうに見える人ほど「〜してあげたのに」ってなるから不思議だな、と思う。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事