右を見たら泣き出しそう。左を見たら泣き出しそう。

だから、前を見つめてる。

 

今宵の空は、なんだか違和感があって、明日世界が終わるんじゃないかというような絶望感を覚える。
もし、明日世界が終わってしまったら、今まで前を向いてきたことが無駄だったんじゃないかという絶望感。

 

そんなふうに生きている人達と、そうなふうに生きられない人達と、そんなふうに生きられない時代と、それでもそんなふうに生きていく人達のいる時代と、錯綜した世の中だなぁ、と思う。

 

あなたはどうして、前を見つめてる?
やっぱり、右を見ると泣き出しそうだから?
左を見ると泣き出しそうだから?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事