怒る人は相手にしない

まだまだ10代のうちはわからなかったけど、生きているうちに人間の仕組みというのは分かってくる。

別に体感しなくても、ちゃんと学問書にも記されてる。

「怒る」って行為。
まぁ、僕は怒られるというのが自分の中で一番嫌いなことなわけで。
よっぽど関係を築けてる相手じゃない限り、一度でも相手が僕に対して怒ったりすると、もう二度と修復は不可能になってしまう。

別に、あなたが僕に腹立ったんだからもう仲良くしなくていいじゃん、って思ってるから、それでやっぱり仲良くしましょうなんて言われるとさらに訳がわからない。

そんなわけで、「怒る」という行為を観察してきたわけだけれど、結局みんな、「自分がしたいこと」「自分がしてしまいそうなこと」に対して怒るのね。
自分がそれをせずに我慢してるから、やった相手に腹が立つわけ。

犯罪者に怒りを持たない人ほど犯罪をしない。
マナー違反に怒りを持たない人ほどマナーをきちんと守る。

なかなか理解できない人が多そうだけれど、実際にそうだし、少なくとも僕はそういった見方をしてる。

別に社会的に正しいかどうかは置いといて、本人が怒るのが幸せなら怒ればいいし、怒らないのが幸せなら怒らなければいいだけの話。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事