「当たり前」が尊敬を集める

最近、布団に入る前に「ちょろり言」を書くのが習慣になりつつある。

マザー・テレサの言葉に、

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

というのがあって、本当そうだよなぁ、と思う。

似たようなことは、母も言っていたし、僕もいつの間にかそんなことを言っているかもしれない。

「怠けたいなぁ」と思考していると、誰かに尋ねられた時に「怠けたいって思う時あるんですよね」と言葉にしてしまい、言葉にするようになると周りに「自分は怠けたい人です」と言って回ることになるから、それが性格になっていってしまう。
あの人は、「怠ける人だからなぁ」と認識されれば、仕事も与えてもらえなくなって、つまりそれが運命に左右してくる。

多くの人が理解はできる。
それを伝えて歩くこともできる。
だけど、実行に移す段階までくると、その多くの人が挫折する。

習慣って、とても大事。
良い、悪い、好き、嫌いは他人に聞かれるまで分からない。

そして、他人に評価されるのは、そんな、いつも自分にとって当たり前のことばかりだ。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事