正しい生き方と楽しい生き方

周りと比べて見てみると、自分は割と正しい生き方ができているな、と思う。

好きなことをやって、好きな人に囲まれて暮らしている。

教科書に載っているような「正しい生き方」ではないけれど、学校で習うその生き方は、「正しい生き方=楽しい生き方」にはなってくれない。

だけど、逆から攻めていくと、ちゃんと「楽しい生き方=正しい生き方」になるのだ。
そういう体感がある。
正しさという価値観が主観であるなら、それでいいのだ。

もう、そういう時代に入ってる。

「幸せですか?」とか、「幸せです」とか、聞いたり言ったりする必要はない。

「感謝してますか?」とか「ポジティブに考えましょう」とか、聞いたり言ったりする必要はない。

相手の顔を見つめれば、自分の顔を鏡で見れば、そこに一番偽りのない答えが出ている。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事