いつの間にかにギターが上手くなった

なー、と思う今日この頃。

元々、バンド始めたのって、スタジオミュージシャンとかサポートミュージシャンとかで通用するレベルじゃなかったから。
そもそもを言えば、バンドで弾けるレベルでもないと思っていたから、作曲家、編曲家を目指していた。

そのコンプレックスのまま、歳を重ねてきているから、なんだか不思議な気がするのだけれど、ひとたびバンドを離れても、一緒にやりたいと声を掛けてくれる人がいて、いつの間にかミュージシャンの仲間入りができているのだなぁ、と。

一般の人は、知名度≒技術レベルと判断するのが簡単だと思うが、多くの才能が埋もれていて、僕から見て知名度も技術もあって、「すごいなぁ」と思う人に認めてもらえるから、とても嬉しい。

コンプレックスを持っていると、なかなか物事が正常に見れないのだけれど、割とそんなふうに声を掛けてもらえることも、まぐれじゃなく、継続的に起こっているから、そろそろ自信を持っていいのかなぁ、と思う。

 

目指しては挫折して、目指しては挫折して、そうやって、九十九折りを描いて頂上を目指すのも悪くない。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事