恋人探しと遊び相手探し

たぶん、ほとんどの人が外見よりも中身を愛されたいと思っていて、もう少し言えば見栄を張っている自分より素の自分を愛してほしいと思っていて、だけどそれを愛してもらうには結局みんな外見を愛してくるから容姿を美しく着飾らなきゃいけない。

と考えている。
 
でも、もうちょっとちゃんと考えていると、自分が相手をそうやって外見で愛しているのだと気づく。
みんな同じように感じてるのに、みんな相手がこうだからといって、矛盾したことをしている。
 
恋人にしたい相手には、できるだけ飾らない格好でデートして、実のない会話をしたいな、と思う。
だって、内面を愛してほしいのだから。
遊びにしたい相手には、できるだけお洒落して、実のある会話をしたいな、と思う。
だって、どうせ外面しか愛されないのだから。
 
可愛いと全然言われない人は、「モテたい」と願っているけれど、可愛いといつも言われる人は「愛されたい」と願っている。
外見しか好きにならない異性しか寄ってこないのだから、そうやって傷ついている。
 
音楽やっていても、似たようなものがあって、全然人気がないアーティストは「売れたい」と願っているけれど、人気のあるアーティストは「認められたい」と願っている。
認めてほしい人達に認められず、認めてほしくない人達ばかりに好かれることに悩んでいる。
 
 
でも、だって、仕方ないじゃない。
そういう人に愛される道を自ら選んだのだから。
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事