怒られない世界

ま、僕は怒られるのが昔から好きじゃないから、今はとても暮らしやすい世界。
今ももちろん、どこかで怒られている人を見るけれど、それでも一昔前よりはだいぶ減ったなぁ、と思う。

そして、怒られなくなったことで、可哀想だなぁ、という場面もある。

簡単に言うと、「怒られる=もう一度チャンスをもらえる」ってことだ。
「お前、本気出せばできんだろ」って言われてるわけだ。

怒られない世界ってのはこれがない。
クビを切られて、次から呼ばれない。
そして、どうしてクビを切られたかわかる人とわからない人がいるわけだ。

 

もう一度チャンスをもらえない世界。
そんな世界にどんどん移行していってる。

仕事も、恋愛も、家庭環境も。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事