音楽を仕事にするか、趣味にするか

先日のタロット占いで、「本心は穏やかに暮らしたいけれど、周りにはそうじゃないものを求められる」みたいな結果をもらった。

友人に、「音楽を辞めようかと考えてる」と伝えると、たいてい「これだけ技術とセンスがあるのにもったいない」と言われる。
これは、一度でも音楽をやめようと考えた人間なら言われたことのあるセリフではないだろうか。

いくら「もったいない」と言われても、その人が生活費を払ってくれるわけではないから、結局暮らしてはいけないのだ。
自分の生活を犠牲にしてまで引き止めたいと思う存在など、そうそういないのが普通だ。

 

先日、ツイキャスで「プロ」についての話が出たけれど、改めて「プロ」ってなんだろう?
プロとしての技術、プロとしての責任、そういったものが一般的に重要な気がするが、結局のところ、お金を得られているかどうか、に尽きる。

音楽のような娯楽産業はちょっと特殊で、例え一人にでも支援してもらえていれば、ミュージシャンとして生きていくことができる。
いわゆるパトロンがいたり、ヒモがいたり、それは別に現代的なことではなく、とても古典的な慣習だ。

実際、周りにも奥さんに食べさせてもらっているという人間や、お金持ちの支援者に食べさせてもらっているという人間がけっこういるものだ。

多くの人間に一生の一部を掛けて支援されるのも才能だし、ひとりの人間に一生のほとんどを掛けて支援されるのも才能だ。

 

結局のところ、「もったいない」と口先で言われるだけでなく、本人が「やめたい」と言ってもやめさせてもらえないのが、才能なのかなぁ、と思う。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事