自分がいないところで何を言われているか?が大事

当たり前のことなのだけれど、当たり前のことを書くと賛同してもらえることが多いから、今日も当たり前のことを書こうと思う。

「素敵ですね」
「かっこいいですね」
「才能ありますね」
「頭いいですね」
「優しいですね」

ビジネスとしては、もしくは自己の欲求を満たすためには、自分の目に映るところで、自分の耳に入るところで、そんな声が聴けるといいのだけれど、「人として」と考えたら、見えるもの、聴こえるものほど幻なものはない。

色んな人、色んな場所に会っていると、その場に参加していない人の話がよく出てくる。
その時に、褒められる人、けなされる人がいるわけだけれど、「あぁ、ここが真実なんだなぁ」といつも感じる。
そして、その声はそこにいない本人には一生届かない。

自分も、自分のいない場所で、誰かの心の中で、どんなふうに思われているのかわからないけれど、直接目に耳にできる幻よりも、真実で認められている人間になりたいなぁ、と思う。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事