他人と闘うな。自分と闘え。

「省みる」
という言葉が好きだ。

他人の言葉が気になったり、行動が気になってしまった時にふと立ち止まる。
大体、他人が気になる時ってのは、自分自身に満足してない時だ。

そんな時ってのは、自分を相手と比べて、自分の意見を主張したり、相手を否定したりするものだけれど、その時点ですでに相手より劣ってる。
「理解されたい」「認めてほしい」という気持ちがあるからだ。

いやいや、それは自分自身でしてあげろよ。
と。

「人間は生まれながらにして、人間ではない」
と、どこかの誰かが言っていたけれど、「誇り」もまた、そんな人間を人間にする要素のひとつだ。

「その言葉は、誇りを持った言葉か?」
「その行動は、自身が認めた行動か?」

僕が僕として傷つかないために、そうやって省みるのだ。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事