自分の役割を生きると楽になる

今日も良い一日だったなぁ、と思う。
最近、生き方のコツが分かってきたというか、そんな感じ。
別に生き方のコツってのは、お金の稼ぎ方とか、問題の解決の仕方とか、そんなんじゃなくて、苦しまずに生きる方法。

簡単に言うと、ただ自分の役割を生きればいいんだってこと。
役割っていうのは、例えば心から湧いてきた「やりたい」と思ったことでもいいし、与えられたことでもいい。
ただ、それだけ、その役割だけを生きるということ。

役割を果たしたらこうなるんじゃないか?とか、こうしてもらえるんじゃないか?とか、こうしてほしい、こうなってほしいと願うと、そこから問題が発生してくる。

 

今さら何をそんな当たり前のことを…って感じなのだけれど、そんな当たり前のことを忘れていたりする。

ちなみに問題が起こるってのは悪いことじゃなくて、苦しむ原因っていうのは自ら問題を起こしてるって時だ。

上手に生きるために、ついつい問題を起こさないように頑張ろうとしてしまうけれど、どれだけ頑張ったって、人生には必ず問題がやってくる。
僕は30年以上生きてきていてそれなわけだけれど、きっと40になっても50になっても60になっても同じだろう。
死ぬまで、新しい問題はやってくる。

だから、問題を無くそうという考え方自体が無駄だし、悩まされる問題ってのは、そうやって自然にやってくる問題ではなく、自分が不自然に作ってしまった問題だ。

思い返してみるとやっぱりそうで、もう解決して今はなんてことない問題ってのはどこからともなく自然にやってきた問題ばっかりだ。

 

そんなわけで、今日もただ、自分の役割を全うできた一日だったな、と。
そんなわけで、最近は頭に浮かぶ過去も未来も生きていない。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事