マメな男子がモテる理由

って話を飲みの席なんかで話すんだけれど、そんな話が受け売りでまた別のところで話されているみたいで、だけどブログには書いてなかったなぁ、と思うので、そんな話。

テレビでもやっていたと思うし、よく言われる話だから、みんな知ってる当たり前のことだと思っているけれど、自分が当たり前だと思っている話ってのはけっこう自分の中だけの当たり前だったりするもんだ。

女は1年に2度、自暴自棄になる

自暴自棄

好きだった男と喧嘩したり、別れた女性が、それを忘れるために他の男に抱かれるというのはドラマだけの話じゃなく現実でもけっこうよくある光景。
恋愛に限らず、仕事が上手くいかなかったり、人間関係が悩んでたりでも、そんなふうにどん底、自暴自棄になってしまう日がある。

これは僕的統計というわけじゃなくて、そんなこんなで「女性は1年に2日どうにでもなれ」と思う日があると言われている。
つまり、その1年のうちの2日にドンピシャで連絡を取ったり会ったりすることができれば、普段だったら可能性のない男でも可能性が生まれるわけだ。
で、その最強の武器が「マメさ」であるということ。

ギャンブル理論の発動

ギャンブル

要は365日毎日連絡すれば自然とその2日に当たるというわけ。
これだとかなり確率が低い気がするけれど、マメな男ってのは大抵ひとりの女性だけに連絡はしない。
例えば、2人に連絡すれば4/365、3人に連絡すれば6/365と確率はどんどん上がってくる。
これを10人連絡を毎日同時に取っていれば、20/365の確率になる。
約分すれば大体1/18の確率になるではないか。
つまり、10人と毎日こまめに連絡を取っていれば、18日に1回の確率で女性とそんなムフフな関係になれる可能性が出てくるというわけだ。

これは極端な話かもしれないが、マメに連絡してくる人間というのは相手の記憶のどこかにいつの間にか入りこんでいるものだ。
だから、ふと暇になった時、誰も捕まらない時に、思い出される対象になるというわけだ。
なおさら、どん底な状態の時は、自分から誘って断られるだけでも気分が滅入るもの。
そんな時に、いつも気に掛けてくれて、必ず駆けつけてくれそうなマメな男が重宝するのだ。

男と女は浮気する時が違う

浮気

ほとんど自分の経験則と男子の願望であるから、女性の本音はわからないが、まぁ、感情の揺れ幅が男性より大きい女性にはありそうな話だな、と思う。

そんなわけで、こんなこともよく言われている。

「男は安心な時に浮気する。女は不安な時に浮気する。」

これも女子のことは、なんとなくそう思うとしか男の僕は言えないけれど、逆に男性はまさにこんな感じだと思う。

彼女に愛されているなという絶対的な安心感があるほど、浮気する男は実際に多い。
つまり、女性はその逆で、彼氏に愛されてるか不安になった時に浮気するわけだけれど、まぁ僕としてはそんな気しちゃうよね。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事