「ありがとう」は口に出すものじゃない

別に個人の価値観だから、みなさんお好きにやってくれればいいと思うんですけど、僕はあんまり「ありがとう」って好きじゃない。
好きじゃない、というのは言葉じゃなくて、使い方のほうだ。

「ありがとう」を求める人がいるけれど、「ありがとう」は求めるものじゃない。
「ありがとう」を口に出す人がいるけれど、「ありがとう」は口から勝手に出るものだ。

本当にありがとうと思っている時って、ふいに口から出たり、心の中で言っているけれど、逆になかなか口に出せなかったりする。
また、相手を喜ばせるために使うものでもない。

それで十分ではないか。
つまり、「ありがとう」をもらったら、十二分だ。
わざわざ、相手に勇気を出させて自分の耳にしなくても、それは発生しているのだから。

 

世の中が「ありがとうを言いましょう」という風潮になって、しばらく乗っかってきたのだけれど、やっぱり僕の価値観には受け入れがたかった。

言葉自体が価値を持ち、心自体にに価値がなくなっていく気がして。
言葉自体を求められるようになり、心自体を求められなくなっているような気がして。

 

「ありがとう」は別に、くれた相手に返さなくても、他の誰かに伝えていくことができる。
「ありがとう」は別に、もらっても、自分だけで所有するためのものではない。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事