明日死ぬかのように生きよ。

明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。

というのは、インド独立の父と称されるマハトマ・ガンジーの言葉。

この言葉の意味が、ずっとわからずにいた。

明日死ぬのがわかっていたら、夢なんて持てないじゃないか。
永遠に生きるとわかっていたら、怠けてしまうじゃないか。

そんなふうに思っていた。

ここのところ、「今」を生きるようになって、その意味が理解できた気がする。

今までは、未来を生きていた。
つまり、未来を目指して生きていた。
未来に幸せになるために生きていた。

それを、今この瞬間を幸せに生きることに専念すると、ガンジーの言葉の意味が見えてくる。

「明日死ぬかのように」というのは、今この瞬間に目的を果たせということだ。
「永遠に生きるかのように」というのも同じ意味だ。

目的を達成するための手段というのは、苦しいものだ。

だけど、本来、苦しいものじゃない。

何かを手に入れたいと思っていたら、それが本当に手に入れたいものなら、その過程も楽しいはずだ。

そんなものが見つかれば、「明日死ぬかのように」やりきって、「永遠に生きるかのように」少しずつ目的を果たしていく。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事