お金を儲けるではなく、儲けさせることが大事

ここのところ、お金に対する価値観が変わったなぁ、と思う。
変わったなぁというか、それは取引上、基をたどれば純粋にそういうことだし、意識しなければいけないことなのだけれど、それがしっかり自分の身体に入っていなかったというか。

どうしても、「どうやったら、お金を稼げるか?」とか「どうやったら、生活していけるか?」いう考え方になって行動してしまったというか。

でも、根本はそうじゃないんだよね。商売って。
だって、みんな同じように「どうやったら、お金を稼げるか?」とか「どうやったら、生活していけるか?」って考えているから。

逆に、「どうやったら、お金を稼がせてあげられるか?」「どうやったら、生活していけるようにさせてあげるか?」って考えなきゃいけない。

何て言うのかな、「あなたの千円札を僕が手に入れる方法」じゃなくて、「あなたの千円札という紙切れを、あなた自身にとっての千円という価値に変えてあげる方法」って感じかな。

ここのところ、対価、対価と考えていたけれど、それも違うなぁ、と。

なんだか、お金というものが、ただの紙切れに感じてきちゃって、だからみんな、その1000円と書かれた紙切れを心の1000円に変えていこうよ、と。

僕は商売下手だから、どうなんだかわからないけれど、単純にそんなふうに自分が儲けるよりも人が儲けることを考えて生きたほうが楽だし、幸せだ。

あなたの心に財産を、ってやつだ。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事