サナダヒデト@渋谷O-Crestありがとうございました!

12月15日は、サナダヒデト バンドでギターを弾かせていただきました!

この日は、さんのツアーイベントで、出演者はこんな感じ。

LOOSELY / in state / GEMINI / GiGi

ここのところ、サナダヒデト バンドはジョン中村くんがドラムを叩いていたのだけれど、この日はイトゥーナオヤ君が叩いてくれました。

イトゥー君とは、昨年くらいから面識はあって、「一度、ドラム叩いているとこ観たいなぁ」と思っていたのだけれど、まさかその前に一緒にやるころになるとは。

導いてくれたサナダさんと、見えない縁に感謝。

で、改めてバンドって不思議だなぁ、と思った。

CDしか聴かない人には、あまりわからないかもしれないけれど、ライブに通う人だったら同じように気づくと思う。

メンバーが一人変わるだけで、音楽の聴こえ方が変わるということ。

それは良い場合もあるし、悪い場合もあるけれど、とにかく一人変わるだけで全体が変わる。
本当に、人間がそのまま出るんだなぁ、と。

日常でもあるよね。
この人と話す時の自分、あの人と話す時の自分。

自分自体も、接する相手によって変わったりする。

そんなふうに、音楽もやっぱり人間で作られているんだなぁ、と。

音楽をやっていて、今強く感じるところは、音楽のスキルってコミュニケーションのスキルなのかなぁ、って思う。

特にバンドであれば、他のメンバーとコミュニケーションを取らなければいけないし、ソロだってお客さんとコミュニケーションを取る。

相手のことを理解できるスキル、相手に理解してあげたいと思われる人間力、そんなところが一番重要なのかもしれないなぁ、と思う。

15日は、今年のライブ納めなので、いつもよりお客さんの顔をしっかり観たなぁ、と思う。

やっぱり、笑顔って最強だ。
笑顔は、最強に美しい。

世の中、色んな人がいるから、好きな人、嫌いな人いるから、必ずしもライブハウスに来るお客さんがみんな自分にとっていい人とは限らない。

でも、そんな笑顔を見ると、やっぱりみんな美しくて、元来、人はピュアで美しい存在なんだなぁ、と感じさせられる。

だけど、その美しさに自分で気づいていなかったり、内側に隠して生きてしまっていたりするから、そんな人の美しさを引き出してあげる存在になれたらなぁ、と、来年の目標。

ではでは、今年1年ライブはおしまい。
また、来年会いましょう!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事