左折しまくる女の子

対向車が過ぎるのをじっと待って、右にハンドルを切ればいいものを、「私はバカだ。臆病者だ。」と嘆きながら、あの子は左折を繰り返して目的地に向かう。

僕はそれでいいと思う。
 
必要のない景色を見ながら進んだほうが人生は楽しい。
「楽しい」は楽しい以外の感情を味わった後に初めて感じるものだから。
 
目的地に「楽しい」が待っているとは限らない。
ましてや、最短距離でそれを得ようとしているなら、賢明とはいえない。
 
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事