幸せオーラは不幸な人を寄せ付けない

人って、影響し合って生きてるなぁ、ってここ最近つくづく感じる。

今年は、幸せに生きている人達ばかりと交流していて、そんな場にいると不幸な人は寄ってこない。

そんな環境にいると、「幸せになりたい人」も寄ってくるのだけれど、「幸せにしてもらおうとする人」は肌が合わずに自然と去っていく。

結局、今「幸せな人」しか、自分を幸せにできず、他人も幸せにできるのだ。

そんなわけで、今年は人回りもいいし、仕事回りもいいし、お金周りもいい。
だって、人から愛されている人としか接していないし、仕事から愛されている人としか接していないし、お金から愛されている人としか接していないから。

今まで、だいぶ遠回りをしてきたなぁ、と思う。

自分も含め、みんな、自分のほうに引き寄せたいのだ。

だから、人から愛されていない人は、愛される自分になるのではなく、愛されない仲間達を増やそうとする。
仕事から愛されていない人は、愚痴や悪口をいう仲間を増やそうとする。

そして、人と人が接すると、エネルギーの大きいほうに引っ張られる。
それは、今年も経験したから、来年も心掛けていきたい。

不幸な人とは、もう接しない。

不幸な人には、厳密には2種類あって、「不幸から抜け出したい人」と「不幸な自分を受け入れてほしい人」。

接してはいけないのは、「不幸な自分を受け入れてほしい人」。
ただ、どちらも「不幸から抜け出したい」と声を掛けてくるから、とても危険。

▼本日の1冊

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事