女性ボーカル募集中

僕の中では第三ステージ突入中。
バンドでメジャーデビューして、休止してから色んなことやってきたけど、結局音楽が一番評価してもらえるんだなぁ、と。

昨年から始めたサポート業。
まだ1年生なわけだけれど、始めれば声を掛けてくれる人がいるわけで、協力してくれる人がいるわけで、先月はZepp Tokyoという大きな舞台で演奏させてもらうことができた。

サポートでは、原曲をそのまま弾いたり、自分でアレンジやレコーディングもするケースがあるのだけれど、より音楽的な側面で評価してもらう場面が増えて大変自信にも繋がった。

そんなわけで、元々の夢だったコンポーザーや、アレンジャー、プロデューサーといったどちらかというと裏方業の目標をもう一度追いかけたいなぁ、と思う。
バンドでもサポートでもそうだけれど、「こう弾きたい」っていうのはあまりなくて、その楽曲に合った音を追求していくことが好きだから、職人気質な性格なんだと思う。

たまたまロック音楽をやってきたからロックが強くなっちゃったけれど、昔からジャンルにこだわりはなくて、だからバンドでもユニットでもどんなボーカリストでもシンガーソングライターでもアイドルでもいいんだけれど、僕も1年生だから可能性のある若手と一緒に組めたら嬉しいなぁ、と。

培ってきた経験や人脈はあるけれど、過去に作詞作曲、アレンジしてきた曲はそこまで多くないので、また新しい音楽を目指してのチャレンジ。

まぁ、実際こういうのはタイミングだから焦っても仕方はないと思うし、まずはひとりでコツコツやっていかなきゃいけないと思うんだけど、「サポートやります」と宣言したら、一気に3件も弾かせてもらえる場所が決まって、テレビもラジオも雑誌も出させてもらって、「あぁ、どこかで誰かがちゃんと見てくれているんだなぁ」と感じたから、宣言しておかなくちゃね。

音楽って、ブログみたいにパッと思い立ってその瞬間に作り上げられるものじゃないし、なおさら誰かと一緒にやるとなると時間のかかることだけれど、着実に確実に自分の中でステージは上がっていて、やりたかったことがどんどんできるようになってきているから、頑張っていきたいなぁ。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事