【音楽ファンのしゃべり場】 バンド、ミュージシャンを仕事にしたい人へのメッセージ

食えない、売れない、儲からないほうが当たり前、収入も安定しない。
それでも、夢や楽しさを大事に、アーティストやミュージシャンを職業にしたいという方は多いものです。

そんな方のために、バンドマン、ミュージシャンとして活動している3人から、プロを目指す方、音楽で食べていこうと考えている方へのメッセージを頂きました。

今回は、代々木シーソーフェスにて、公開生収録の映像。
choro(Jeepta)、須江 篤史(AJISAI)、有田 清幸(Lyu:Lyu)のバンドマン3人でのトークです。

日のお題

・「音楽を職業にしたい人へのメッセージ」(前回のつづき)
・「便利さがもたらすメリット、デメリット」

【音楽ファンのしゃべり場】簡単に集客するための、バンドの宣伝や運営とは?
【音楽よもやま話】タダで仕事する?しない?どっちが大事?
【音楽よもやま話】音楽、バンドでプロを目指すならレッスン教室の選び方に注意!

↓その他、カテゴリー記事はこちら

【音楽ファンのしゃべり場】カテゴリー

楽ファンのしゃべり場とは?

このプロジェクトは、ファン様に持ち込んで頂いた企画。

「ファン同士で普段話し合っていることを知ってほしい」
「それに対して、どう思うのかを知りたい」

というのが、元々そういった企画を頂いた理由です。

ファンの人ってアーティストとは密接に関わるけれど、アーティストとファンを繋ぐ場所、ライブハウスだったり、イベント制作会社だったり、ショップ店員だったり、音楽事務所だったり、CD流通業者だったり……そういう方達と関わる機会が全くと言っていいほどない。

だから、全ての意見、感謝も批判もアーティストに直接来るのだけれど、そこで止まってしまって、伝える側も伝えられる側もどちらも進歩がなく終わってしまうんですよね。

ファンの方によって音楽が成り立っているのに、そのファンの声が届かないことはとても悲しいことだし、音楽業界としてもその声をリアルに聞けないのはとても勿体ないことだと思ってます。
そう、この現状を打破して、ファンにとっても、アーティストにとっても、音楽業界にとっても、みんなの力で理想の音楽環境を作りたいという思いで行っている企画なのです。

↓その他、カテゴリー記事はこちら

【音楽ファンのしゃべり場】カテゴリー

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事