バンドはライブの出演時間をファンに告知すべき

ここ数年で、バンドが対バンライブなどで自分の出演時間や持ち時間をHP上で事前に伝えることも増えてきましたが、一昔前であればこれはほとんどのライブハウスでは御法度の行為でした。

少しずつ、アーティスト、ライブハウスが、ファンのニーズに応えてライブ出演時間を伝えるようになってきましたが、まだまだ時代的に古い価値観のまま、音楽経営、音楽活動をしている方達も多いです。

お客さんのことを一番に考えたら、バンドの出演時間を教えてあげたほうが絶対いいと思うのですが、教えない理由は何なんでしょう?

ライブハウスの考え方

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9-3

ライブハウスに出演するバンドマンは、店長やブッキングの人にこんなふうに言われます。

「全バンド見てほしいから、お客さんに出演時間は教えないでください」

と。

また、出演者に事前に配られるライブ当日のタイムテーブルに、

「お客様への出演時間の告知はシークレットでお願いします」

書かれている場合もあります。

ライブハウスの言い分としては、上に挙げたように「お客さんに全バンド見てほしいから」が、出演時間を事前に教えない理由になるわけですが、僕はバンド活動をしていて、この理由に納得できたことはほとんどありません。

お客さんのことを考えて、「全バンド見てほしい」というのは、つまり「全バンドかっこいいから見てほしい」という意味じゃないと成り立ちません。

ですが、ブッキングで揃えられた対バン形式のライブで、出演している全バンドを僕がかっこいいと感じたことはなく、むしろライブハウスを運営するためにその日無理やり掻き集められたバンドのように感じました。

もちろん、毎日しっかりブッキングに力を入れて、本当に自分がかっこいいと思うバンドしか呼ばないライブハウスもあるでしょうが、多くのライブハウスは経営のために無理やりバンドを集めています。

現在のライブハウスは、バンドのノルマ、つまりバンドがライブハウスに出るのにかかる出演料で成り立っていますからね。
バンドをライブハウスに出演させることが、ライブハウスの収益の大半を担っています。

バンドの数は昔より減っていますし、ブッキング形式の対バンイベントで毎日良いバンドを集めるには無理があります。

理想として考え方は分かりますが、現実にそれが機能させられていないんですよね。

アーティストの考え方

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89-3

アーティストは基本的に、ライブハウスの言いなりです。
どうしてか、ライブハウスのほうが、アーティストより立場が偉いんです(それも、ここ数年で変化しつつありますが)。

アーティストに出演してもらって、しかも出演料を取って経営が成り立っている立場なのに、「ライブハウスに出させてやっている」という感覚です。

ライブハウスのほうが偉いから、その考えに従うしかないんですよね。

だから、バンドもライブハウスの主張の受け売りで、

「全バンド見てほしいから、お客さんに出演時間は教えない」

と答えます。

ファンの考え方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3

ライブハウスにライブを観に行くお客さんは、何年も前から自分の好きなバンドの出演時間を知りたがっていました。

出演時間が分かれば、仕事帰りでも好きなバンドを観に行けるかもしれませんが、出演時間が分からなければ丸一日仕事の休みを取らなければいけなかったりします。

また、仕事帰りに駆け込んだら、観たかったバンドがすでに終わっていたというケースもあります。

就職している社会人にとっては、仕事を休むというのはかなり貴重な行為ですし、それでライブの始まりから終わりまで全てのバンドが楽しめないイベントだったら納得がいかないものです。

アイドルとサーキットフェス増加による変化

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab-2

いち早く、このおかしさに気づいたのはアイドルです。
アイドルが、ライブハウスに出演するようになり、出演時間が事前に告知することが少しずつ可能になってきました。

やはり、ファンのことを一番に考えたら出演時間を伝えるのが優しさですよね。
アイドルのライブは、出演時間を事前に告知することが常識となっています。

また、個人イベンターが主催するサーキットフェスも一役買ってくれています。

ロッキンジャパンや、サマーソニックなど、大型フェスではタイムテーブルが公開されるのが一般的でしたが、ライブハウスで繰り広げられるサーキットフェスの増加によって、ライブハウスに通う客層にもタイムテーブルを確認してからライブに行くという意識が根付いてきています。

出演時間告知が、みんな幸せになる形

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e5%b9%b8%e3%81%9b

バンドブームの時代は、確かに出演時間を告知する必要はなかったかもしれません。
当時は、バンドにノルマもなく、またライブハウスに出たいバンドも溢れていたので、オーディションで受からなければバンドはライブハウスに出演できませんでした。

そのような時代であれば、ライブハウス側も素晴らしいイベントが組めますし、お客さんもライブハウスのイベントに対して、信頼と納得ができるでしょう。

ですが、今の時代は違います。

お客さんの信頼を得られていないなら、目当てのバンドだけでも観に来てもらうことで、チケット代、ドリンク代を取りこぼさなくて済むので、出演時間を告知したほうがライブハウス側の経営としても利益があります。

アーティストの立場で考えても同じです。
ブッキングで対バンするバンドが、全てかっこいいと思わないなら気を遣う必要はありません。
それよりももっと、自分のファンを一番に考えるべきです。

ファンの立場でもそうですよね。
今は事前に出演バンドの楽曲やMVが、ネット上で観たり聴いたりできる時代です。
わざわざ、ライブハウスで観なくても、事前に自分が興味のあるバンドをチェックすることができます。

ライブハウスも、アーティストも、ファンも、全ての立場の人間が利益を得られる環境を作っていくことが、これからの音楽業界には必要です。

出演時間の事前告知をバンドマンが言えない理由

不利

タイムテーブル非公開のバンド、ライブハウスに対するファンの反応まとめ」を見ていただければ、ファンとアーティストの意識の差が分かると思いますが、僕もバンドマンですから、周りのバンドマンが記事に対して何も触れられない気持ちも理由もよく分かります。

ただ、僕が実際にバンドマンと現場で接したり、飲みに行ったりして聴く話では、「ファンにライブの出演時間を事前に教えたい」というバンドマンが大多数を占めています。

そして、この「ファンにライブの出演時間を事前に教えたい」というところが鍵なんですよね。
つまり、「教えたいけど教えられない」ということです。

ここから先は、僕のアーティスト生命にも関わってきますし、SNSやブログで発信したくてもできないアーティストの立場を守るために、noteの限定公開記事でお話させていただきます。

自分の好きなバンドに直接、「ライブの出演時間を事前に教えてほしい」と伝えたい方もいると思いますが、ライブハウスに出演するバンド側の立場や気持ちを理解した上で伝えてあげられたら、バンド側も真摯に受け止めてくれるはずです。

▼関連記事

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事