ライブが先?CDが先?みんながライブハウスに足を運んだきっかけ

みんな、ライブに行くことになったきっかけって何なの?

ライブを観てから、CD買うの?
CD買ってから、ライブに行くの?

そんなバンドマンが気になる質問を、音楽ファンの方達に答えて頂きました。

ライブに行ったきっかけ

img_2214

やよいさん(会社員)

私は、ネット上でずっとライブレポを読んでいて、それでまずライブというものを知りました。
ある日、ラジオで音楽を聴いてたら、アーティストがライブ告知をしていたんですけど、どうすればチケットが取れるのか?すら分かりませんでした。

それで、調べたら「ぴあ」ってものがあるのを知って、夜中のテンションでそのまま購入してみたらチケット取れちゃったんで、ライブに行きました。
24、5歳の時です。

えりかさん(会社員)

私は、高校2年生の時に初めてライブハウスに行きました。
きっかけは、友達みんなで「行ってみよう」って話になったからです。

また、家でスペシャが観れたのでライブ映像はよく観てました。
なので、このアーティストのライブを生で観てみたいとはずっと思ってて、大学で東京に出てきた時に本格的なライブ通いが始まりました。

ひびきさん(会社員)

私は、CDで自分の好きなアーティストをずっと聴いてて、「あぁ、これを生で聴いてみたい」って気持ちがどんどん大きくなってきて、それでライブに足を運びました。

ライブハウスのイメージって、地下にあって、タバコの煙が充満してて、怖いニーチャン、ネーチャンがいそうに感じてる人も多いと思うんですけど、私はそういう恐怖感は持ってはいませんでした。

なるほど!あざす!

ちなみに今って、CDなんかでアーティストの曲を聴いてからライブに行くの?
それとも、ライブを観てからCD買おうって思うの?
そのへん、どっちが先なのか知りたいです!

ライブが先?CDが先?

img_2215

ひびきさん(会社員)

ライブハウスに行く前は、CDとかテレビとかラジオとかで先に聴いてて、そっからライブに足を運ぼうって思うのが先だったんですけど、最近、ライブに頻繁に通うようになってからはライブハウスに行ってアーティストが良いライブをしてるとCD買おうっていう逆転の流れになってます(笑)

やよいさん(会社員)

私は、そのアーティストのCD持ってなくてもライブに行っちゃうってパターンもあります。
対バンで観て、ライブで好きになったバンドなんかは、また次のライブに足を運んだりします。
CDを買うタイミングは、お家で聴きたいってほどの好きな曲ができたらって感じですね(笑)

まずは、ライブで聴くだけで満足ってことが多いです。

ちなみに、アーティスト的にはライブに人が来るよりCD売れたほうが嬉しいですか?

みんなCD持ってくれてるもんだと思ってたよ!

img_2216

僕なんかは、メジャーで活動してたりもあったから、CDのリリースツアーで全国周ったりすることが多かったわけで、みんなCD買って曲覚えてからライブに来てくれてるもんだと思ってました。

初めてくるお客さんなら仕方ないかもしれないけれど、何度も足を運んでくれてる人がCDを持っていないなんて、想像さえもしてなかったです。

別にメジャーに限らず、「レコ発イベント」「リリースパーティー」なんてどこのバンドでもやるから、CDのリリース前、もしくは当日にはCD買ってくれてると思っていたけど、何度もライブに足を運んでくれてるファンでもCD持ってないって方がいるんですね。

気になったバンドはYoutubeで検索

img_2217

やよいさん(会社員)

最近だと、気になったバンドはYoutubeで検索することが多いです。
そして、そこから関連動画をたどって新しいバンドを見つけたりもします。

CDのような音源から入ってアーティストを好きになるっていうのは、今はそんなパターンだと思います。
その場合は、音源で好きになってるからライブに行く前にCDを買います。

ひびきさん(会社員)

今って、CD屋さんに行って新しいアーティストを探したりはしなくなってきてると思うんですよね。
Youtubeなんかで探して、CDを買うって流れになってきてると思います。

やよいさん(会社員)

音を気に入ったらCDを買う。
ライブが気に入ったら、ライブに通う。
ここは、最初は別物として考えますね。

▲今回、元になった動画はこちらです。
お時間あれば、この記事で書いたことをさらに細かくお話しているのでこちらもどうぞ。

やはり、ファンの方から直接話を聞くというのは貴重ですね。
僕も、目からウロコな話がたくさんありました。

バンドマンお役立ちサイト

frekul

「音楽ファンのしゃべり場」にも制作協力してくれているFrekul(フリクル)は、あなたの音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション。
代表取締役の海保けんたろー君は、昔からのバンド仲間でもあります。
僕もそうですが、現代の音楽業界に疑問を持って、自ら変えようという仲間がいることはとてもありがたいことです。

Q.どうやって新しい人に宣伝してくれるんですか?

A.iTunesStore、Spotify、AppleMusic、AWA、LINE MUSICなど国内外の音楽サービスに配信できる他、パーソナルラジオアプリ「Lumit」、店舗向けBGMサービス「Express In Music」、コミュニティラジオ局「RainbowTownFM」など、多くの提携先であなたの曲が再生される可能性が生まれます。

Q.何かお金がかかることはありますか?

A.登録料、基本利用料などは一切いただきません。「カラオケ配信」「Frekul広告」など一部機能のみ有料です。
また、Frekul経由であなたに収入が発生した場合、その一部を手数料としていただいております。

友人だからというわけでなく、会社立ち上げ時からずっとチェックしていて、どんどんと活動が大きくなっているなぁ、と感じているのでチェックしておいて損はないと思います。

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事