バンドマンに彼女、奥さんがいると知った時のファンの心境

いつもはバンドマン目線、業界目線でお伝えする記事が多いのですが、「寄稿者・ネタ募集」もしているので、読者の方からの記事もご紹介しています。
 
また、LINE@のほうには「choroさんに聴いてほしい」「誰にも言えずに困っている」「こんな私っておかしいでしょうか?」というようなお悩みやお手紙のようなご相談も頂きます。
 
本人にとっては、周りの友達などには言えないことだとは思うのですが、逆にいえば同じようにそんな悩みや不安を抱えている方も思います。
なので、そんなファンの方のために「ぜひメッセージの内容を掲載させていただきたい」とお願いしご承諾いただきましたので、今回LINE@にいただいたメッセージを掲載させていただきます。
 
 
choroさん、こんにちは。はじめまして、A美と申します。
 
ツイッターでたまたまchoroさんの記事に出会い、興味深く拝見しました。私の話を聞いていただきたいと思い、メッセージしています。
あざす!てなわけで、下記のこんなメッセージいただきましたよ▼
 

A美さんの体験談 

%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87
かれこれ3年ほど前の話になるのですが、私はあるバンドのギタリストさんの大ファンで、その方はギターの音が聞き取れないくらいだった私に、ギターの素晴らしさや奥深さを教えてくれました。私はそれからギターをはじめて、その方ご本人にギターを習いはじめました。今後はライブをやったりすることを目標にして頑張っていたんです。本当にその方のことが大好きで、よく真似をしたり、ライブ写真を待ち受けにしたりしてました。
 
私は結婚していて、将来的には子どもがほしいと思っていて、それでもバンドを組んだりできるのか、とその方に相談をしたところ、その方は言いました。「僕も子どもがいますよ」
その方は励ましのつもりで打ち明けて下さったと思うのですが、衝撃で頭が真っ白になりました。別にその方とどうこうなりたいとかではなくて、ファンはやっぱりそういうことは知りたくないものだな、と感じてしまいました。
 
・ファンやお客さんを何より大切にしてくれていた気がしていたのに、それよりもっと大切なものがあったのだなぁ。
 
・こちらも、幸せな気持ちになってもらいたくて、応援していたかったのに、そんな応援を軽く飛び越える絶対的な応援者がいたのだなぁ。
 
・私は人様の旦那様にカッコいいとか大好きとかキャーキャー言ってしまったりしていたのだなぁ。
 
などと考えてしまったのです。もちろん、その家族を恨んだりとか、そんなことはしませんが、ただ悲しく、勝手に失恋したような気持ちになってしまいますね。バンドマンというのは悩ましい職業ですね。
 
だからといってその方に頂いたギターへの情熱はなくなりません。本当にその方に出会えて良かったと思っています。
 
choroさんの記事を拝見して、その時の辛くてしょうがない気持ちを思い出したので、choroさんに聞いてもらいたくなりました。ただ書きたかっただけですので、もし読んで頂けたのなら、ありがとうございました。

ファンの気持ちとアーティストの気持ち

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%88

以上が、あるバンドのファンの方から頂いたメッセージです。
僕のようなバンドマン目線で見ると、驚くこともあり、大変興味深い内容でした。

でも、僕もどうこうしたいと思ってなくても、好きな女性芸能人や女優さんが恋人発覚とか結婚とかなったら、ちょっとショック受けちゃったりするので、少し気持ちはわかります。

顔を出して商売していますし、人を好きになるってそういうことだったりしますよね。
音楽をはじめに好きになったとしても、音楽を好きになると、その音楽をやっている人の顔も好きになったり、人柄も好きになったり、「あばたもえくぼ」なんてことわざがありますが、それは普通のことだと思います。

それはミュージシャンも分かってはいますし、恋人がいることが知られても、結婚していることが知られても、それでも変わらず応援してくれるくらい音楽の力を持っていないといけないと気を引き締めています。

バンドマンの言い訳

%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3

ちょっと言い訳させてもらっていいですか?(笑)
というのもA美さんの感じたこと、きっとバンドマンはこう考えていますよって話をしたいのです。

ファンやお客さんを何より大切にしてくれていた気がしていたのに、それよりもっと大切なものがあったのだなぁ。

ファンやお客さんは何より大切です。
といっても伝わりにくいかもしれませんが、例えば、「お父さんとお母さんどっちが大切ですか?」「奥さんと子供どっちが大切ですか?」「仕事とあたし、どっちが大切なの?」でもいいんですけど、なんとなく伝わりますかね?
比べられるものじゃないんです。

彼女の誕生日や自分の誕生日、クリスマスなんかにも恋人や奥さんには我慢してもらって、ファンのためにイベントやったりしますし、それくらい大切に思っています。

こちらも、幸せな気持ちになってもらいたくて、応援していたかったのに、そんな応援を軽く飛び越える絶対的な応援者がいたのだなぁ。

これも上に書いたのと似たようなことなのですが、ファンの応援と奥さんの応援を同じ種類で考えてしまうことが間違いだと思います。

ファンにはファンにしかできない応援があります。
それは、ファン以外の人間にはかなわないものです。

アーティストが活動する上で、例えば営業のスタッフは営業という形で応援しますし、宣伝のスタッフは宣伝という形で応援しますし、同じように奥さんには奥さんとして応援する形があります。

だれが、一番応援してるか?絶対的な応援者は誰かなんて言えませんよね?
それぞれが最高であって、他の方には務まらないものです。

私は人様の旦那様にカッコいいとか大好きとかキャーキャー言ってしまったりしていたのだなぁ。

これもファンが気にするようなことじゃありません。
そんなこと、バンドマンも奥さんも覚悟の上ですし、そういった状況をありがたく思える人じゃないとバンドマンの彼女や奥さんは務まらないと思います。

今回、とても貴重なメッセージを頂きましたが、ファンの方、アーティスト両方にぜひこの記事を見て頂けたらと思います。
そして、この記事によってファンとアーティストそれぞれに理解が深まれば嬉しいことです。

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事