話題の「VALU」であなたもアーティストの株主になれる!?登録・投資のやり方

クラウドファンディングよりも、よりミュージシャンより近く、より深く関われると感じている新サービス「VALU」。

バンドマンにも、そのファンにもぜひ利用してほしいなぁという気持ちで、登録方法や投資の方法などを説明していきたいと思います。

すでにアイドルなんかは、徐々に参加していますし、独り身で動きやすいシンガーソングライターの方なんかは、「面白い!」と思ったらぜひ参戦してほしいものです。

VALUの登録の仕方

まずは、「VALU」の公式サイトへ。
新規登録にはFacebookアカウントが必要なので、Facebookアカウントを作っておきましょう。

VALUshinki

Facebookで登録したら、後は指示に従って、入力していけば大丈夫です。

早速、投資の準備をしよう

さて、新規登録が完了したら、早速誰かに投資してみましょう!

「VALU」では、個人の株式(VA)を売買するには、仮想通貨ビットコインを使用します。
なので、まずは取引に必要なビットコインを購入しましょう。

ビットコインの購入先はいろいろありますが、choroがオススメするのは、「Coincheck(コインチェック)」という取引所。

コインチェック

デザインも操作も初心者でも、簡単に使える仕様になっています。

ビットコインを送金しよう

Coincheck(コインチェック)」に登録して、ビットコインを購入したら、VALUで用意されているビットコイン口座に送金しましょう。

「コインを送る」という項目から、「ビットコインアドレスで送る」を選択します。

VALUcoin

「送金先リストの編集」をクリックすると、「新規ラベル」と「新規宛先」の入力画面が出てきます。「新規ラベル」はメモのようなものなので適当に「VALU」とでもつけておけば良いでしょう。
「新規宛先」には、VALUの口座のビットコインアドレスを記入するのでVALUの口座をチェックします。

VALUのメニューに「口座の管理」という項目があるのでチェック。

VALUkouza

赤線で引いた長い英数字の列を、「Coincheck」側の「新規宛先」にコピペして「追加」ボタンを押して登録。
改めて宛先を選択して、送るビットコインの金額も入れて、「送金する」ボタンを押せば、送金完了です。

※BTC入金先アドレスは毎回変わるようなので、送金する度に改めてVALUのBTC入金先アドレスを確認するようにしてください。

早速、VAを購入してみよう

先ほど、送金したビットコインが「VALU」の口座に反映されたら(早くても30分はかかるかと思います)、実際に株(VA)を買ってみましょう。

では、まず手始めに僕のVAを買ってみましょう(笑)

VALUchoro

まずはVALU内のchoroのアカウントページ(https://valu.is/choro)にリンクして、「VALUを売買する」をチェック。(2017年6月16日現在、取引時間は平日9時~18時となってます)

VALUita

左側が買い板、右側が売り板と言われるものですが、「この価格で何VA買いたい」「この価格で何VA売りたい」という需要の一覧です。

上の画像だと、今一番安い価格で緑色の数字0.05000000で3VAの売り注文が入っているので、0.05000000で3VAまでならば、すぐに取引が成立します。

よく分からない方、すぐに買いたい方は、現在の適正な価格が自動で入力されているので、購入したいVA数だけ記入して、購入予約しちゃいましょう。

VALUita2

ちなみに、僕はこんな方達のVAを購入、または購入予定。

VALUmoritama
森田正康 さん(https://valu.is/moritama)

VALUmayo
横塚まよ さん(https://valu.is/ykzkmy03)

VALUamano
天野翔 さん(https://valu.is/shoamano)

VALUshimiken
しみけん さん(https://valu.is/avshimiken)

VALUmizumoto
水元英登 さん(https://valu.is/mizumotohideto)

VALUjun
Jun Hayashi さん(https://valu.is/rinjun)

VALUkaneko
金子将昭 さん(https://valu.is/kaneko)

VALUjunya
Junya Hiranoさん(https://valu.is/junyahirano)

音楽に直接的に関係ない方もいますが、個人的に興味がある方だったり、応援したい方だったり、とにかく色んな方達が参加されてます。

投資と投機の違い

投資と投機、似ていますが違うものです。
簡単に言うと、投資は「資本に投じる」、投機は「機会に投じる」という違いです。

例えば、株でいうと優待券や配当金を目的に買うことが「投資」、株価の上昇を狙って売却益を目的に買うのが投資という感じです。

投資とは

・株
→企業に出資することで、成長に伴った配当金や優待券などを受け取る。

・不動産
→マンションを購入し、貸出すことで家賃収入を得る

これが、アーティストやバンドであれば、出資することで成長に伴った配当金を受け取ったり、限定コンテンツを受け取ったりという感じです。
つまり、ファンクラブの会員になるようなものですね。

投機とは

・株
→短期的な値上がりを見込んで購入することで、売却益を受け取る。

・不動産
→土地の値段が上がることを見込んでマンションを購入し、売却することで利益を得る。

これが、アーティストやバンドであれば、例えば限定のグッズを買っておいてプレミアがついたらオークションで売ったり、チケットを転売するようなものですね。

今回、僕の購入したVAは多少「投機」的なのかもしれませんね。
まぁ、VALUも「実際の株式ではありません」「投資を目的としたサービスではありません」と明示しているので、しっかりガイドラインに目を通してご自身で判断したほうが良いでしょう。

VALUguide

もっと多くミュージシャンや音楽関係の仕事をしている方がいればきっちり吟味して投資したいのですが、ひとまずはVALUというサービスにいち早く目をつけて、広めていってくれそうな方達を支援したいと思いました。

僕は、アーティストや音楽業界の方こそ利用するサービスだと思っているし、そういう方をメインに投資したいと考えているので、もしVALUに上場されている方であれば、この記事をシェアして頂ければSNSなどで宣伝にご協力させて頂きますので宜しくお願いします(僕自身が、将来の音楽業界に影響を与える方、可能性を感じられる方だと判断した場合はVAも購入し応援させていただきます)。

VALUの使い道

アーティストがクラウドファンディングで資金調達する時、その多くはファンからの出資です。
ファンの喜ぶプロジェクトが掲げられ、ファンが喜ぶリターンを用意するからです。

でも、例えば、そのアーティストの音楽そのものは好みじゃないけれど、人間性だったり、活動が素晴らしいと感じることってあるじゃないですか?
少なくとも、僕にはCDを買ったり、ライブには行かないけれど、応援したいアーティストがたくさんいます。

VALUはそんなふうに、ファン以外からも多くの資金を調達できる可能性を秘めているシステムだと思います。

ちなみに、僕はVAを発行して資金調達することに今はそれほど興味がなく、このシステムが広まっていくことに興味があります。

音楽で食べていきたい人には優れたシステムだとしても、みんな、なかなか結果が証明されないと踏み込めないものです。

なので、自分が結果を出して、「これだけ資金調達ができるよ」「この資金をアーティスト活動に使えるよ」ってのを示して、他のミュージシャン達もどんどん参加してくれたらなぁ、という感じです。

もし、資金調達できたら、当面は、こういった記事書いたりするように色々と情報やコンテンツを発信したり、優れたアーティストやアイドル、音楽に関わる仕事をされている方への再投資に使いたいと考えています。
アーティスト活動としてのファンコンテンツはnoteが中心になっていますし、今はファンの方よりも、バンドマンや他のバンドのファンの方、音楽関係者の方からの注目のほうが大きいので、優待も特には考えていません。
本当に株式の形態を真似ているなら、将来的に配当金という形で応援して下さる方に還元できたら理想ですが、正直なところ、株式市場よりもFX市場に近いものとして発展していきそうだなぁ、と感じています。

VALUchoro3
choroのVALUはこちら(https://valu.is/choro)

まだまだ始まったばかりのサービスですし、配当などは用意されていないので、ファンでなければ優待も利益は感じないでしょうし、現状では実質「投資」よりも「投機」「寄付」と考えたほうが良いでしょう。
価値が上がりそうな人のVAを買って売却益を得る。自分より良いお金の使い方をしてくれそうな相手に寄付をする。
といった気持ちで臨まなければ購入者側は、損する可能性が高いでしょう。

また、ビットコインもまだまだリスクがある通貨なので、失っても良いくらいの少額から始められるのが良いと思いますが、もし優良なシステムだと感じたなら積極的に市場に参加していくことが音楽業界を盛り上げていくことになるはずです。

VALUによって、発展していく今後の社会の在り方の可能性やビットコインをはじめとする仮想通貨やブロックチェーンについては、また次回の記事で詳しく書いていきます。

※追記 2段階認証の設定を忘れずに!

(2017.7.5追記)

VALUで、2段階認証の設定ができるようになったので、やっておくことをオススメします。
コインチェックも同様に2段階認証をオススメします。

ビットコインは、アカウントを乗っ取られたり、ハッキングにより別の口座にビットコインが送金される被害が続出しています。

VALUも、コインチェックも、Google Authenticatorというアプリを使用しているので、このアプリを起動して、それぞれの2段階認証設定からQRコードを読み込めば設定できます。

VALUtop
VALU

コインチェック
Coincheck(コインチェック)

Google Authenticator(iPhone)
Google Authenticator(Android)

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事