個人イベンターのススメ-企画に誘う側、誘われる側のメリット、デメリット

近年、ライブハウスに所属していない素人の方がライブイベントをブッキングするケースが増えてきましたが、そういった個人イベンター、一般人イベンターと呼ばれる方が行うイベントについて、実際どんな苦労があるのでしょうか?また、アーティスト側はどのように感じているのでしょうか?

「自分も好きなバンドを集めてイベントを開催したい」というファンの方、これから個人イベンターをやってみたい方には、特に参考にして頂きたい記事です。

アーティスト側にはメリットのほうが多い

交渉

個人イベンターの企画ライブに出演する際のバンド、アーティスト側の一番の大きなメリットとは、「ギャラが発生するケースが多い」ということです。

ライブハウスのブッキングだと、「ノルマ〇枚、△枚以上から50%バック」みたいな条件が多いですが、個人のイベンターの場合、「出演ギャラ〇〇円」ということが前提で掲げられた上で、チケット枚数に応じてチャージバックされるケースが多いです。

個人のイベントに呼んでもらえるくらいの知名度のあるバンドであれば、通常のブッキングでもノルマは課せられないレベルに達している場合は多いですが、それでもタダでライブハウスに出演できるというだけで、最初からプラスが発生しているケースというものはほとんどありません。

もし、出演ギャラを提示してアーティストをお誘いするなら、それだけでも出演を快くOKしてもらえるケースは多いです。

メジャーデビューしていて、アーティストと直接連絡が取れなかったり、ギャラが一度事務所に入り、そこからアーティストに分配される形だとなかなか難しいかもしれませんが、ファンが抱いているよりも個人のイベントに呼びたいバンドやアーティストが出演をオッケーしてもらうための敷居は低いです。

ファンのニーズに合ったイベントが期待できる

イベント

元々、バンドやアーティストのファンが企画するイベントですから、ファン目線で「このバンドとこのバンドを観たい」というニーズに沿ったブッキングになることが多く、上手くいけばライブハウスのブッキングよりも集客が見込め、また新たなファンを獲得できるチャンスが生まれます。

「このバンドとこのバンドが合いそう」という視線も、ライブハウス側が考えるのと、ファン側が考えるのでは大きな差がありますし、ファン側が考えたほうが目線としては有効であるケースが多いです。

ある意味、そういった現場の声を実際に聴ける環境であり、それを具現化できるわけですから、イベント企画者としての能力はそれだけで高いと言えます。

イベンターのほうはデメリットが多い

デメリット

リスクとしては、最初はイベントを企画するイベンターのほうがデメリットが多いです。

実際に、一般人のイベンターの方でもサーキットフェスなどの大きなフェスを開催されている方もけっこういますが、集客がしっかりあるイベントでも売上をみると赤字になっているケースも多いようです。

ライブ会場のレンタル費用、アーティストに出演してもらうためのギャラが大きな要因だったり、またイベントを盛り上げるために行う宣伝活動などが大きな支出になります。

回数を重ねて実績を積めば、アーティストからも信頼を得られ、例えギャラが安くても出演してもらえるようにはなってきますが、1回目、2回目くらいのイベントとなると、なかなかそれは難しいものですし、段取りもよくわからないですから、アーティストやライブハウス、また訪れたお客さんにも迷惑をかけてしまうこともあります。

もし、好きなアーティストを集めてイベントをやりたいと思うなら、1度限りというのはオススメしません。

今後も続けて開催するつもりで取り組まないと、好きなアーティストのためにもならないでしょう。

アーティストとファンの関係性が壊れてしまう

びっくり

元々、ライブに通っていたファンがイベントを企画するようになるケースが多いですが、イベンターという立場でアーティストと接するようになると、今までのアーティストとファンの関係性では無くなってしまいます。

イベンターになるということは、業界側の人間になるということなので、アーティスト側も元々はファンの方であっても、今までと同じような形でファンとして接してこられるのは嫌がります。

もちろん、そのアーティストの音楽が好きで応援しているわけですから、内部の人間もある意味ではファンと言えますが、アーティストは人間ではなく商品になりますし、イベンターもお客さんではありません。

ですが、ファンがイベンターという形でアーティストを応援してくれるということは、アーティストにとっても大変力強いことです。

ファンとしての触れ合いよりも、好きなバンドやアーティストを応援したいという気持ちのほうが強いなら、イベンターになることはオススメです。

アーティストのファンから嫌われる

嫌われる2

元々ファンの方が、そのアーティストを呼んでイベントを企画すると、ファンから妬まれたり、嫌われたりすることがあります。
異性のバンドであれば、なおさらです。

アーティストとライブ以外の環境でやり取りしたり、他のファンよりも近い距離で接することになりますから、当然といえば当然ですね。

それに、元々ファンだと知っているファンからすれば、

「アーティストと仲良くなりたくてイベントやったんでしょ」

本人がそんな気なくても、思われたりします。

実際そういったケースを見ていますが、ファンが妬むのはバンドやアーティストではなく、それに近づく人間のほうですから、アーティスト自体にはデメリットはないでしょう。

それぞれの立場でアーティストを応援していけると一番いいのですが、なかなか現在の環境ではSNSなどで叩かれることもあるし、多少の覚悟は必要かもしれません。

ですが、しっかりイベントを続け実績を出していけば、ファンからも信頼を集めることができますから、満足度も高くやりがいのある仕事だといえるでしょう。

これからは個人イベンターが活躍する時代

色んなしがらみがありますから、なかなかそうはいきませんが、ビジネス的に考えても、それが理想形態であると僕は考えています。

まずひとつ、ファン目線のブッキングのほうが、ライブの集客が見込めます。

そして、ファンにライブのブッキングをさせれば、ブッキングマネージャーへは必要なくなり、給料を払う必要がなくなります。
そうすれば、その分バンド側から取っていたノルマを減らせるようになりますよね。

というのも、ファンには、「お金もらわなくてもいいからブッキングしたい」って方がいるからです。

毎日毎日、バンドを集めてブッキングするのは大変ですが、月に一度程度なら会社務めの方でも、仕事に影響なく楽しんでイベントを企画できると思います。

そういった方を30人集めれば、ファンも幸せ、バンドも幸せ、ライブハウスも幸せな環境ができると思うんですが、難しいんでしょうかね。

「未来は、社員が企業にお金を払って仕事をするようになる」と言う方も増えてきました(参照 : ホリエモン「お金を払って社員を雇うっていうのは変」)

特に、音楽業界というのは、「お金払ってでもしたいのにできない」という環境が溢れていると思います。

僕は、ライブハウス経営には興味がないですが、もしやるとしたら、僕ならそうしますね。

こちらの記事は、過去にアーティストを集めて開催したトークイベントを参考にさせていただきました。

▼関連記事

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事