メジャーや放送で使ってはいけない歌詞禁止用語がある

有名なところでは、「ヨイトマケの唄」、近年では進撃の巨人のOPテーマ曲「紅蓮の弓矢」などが例に挙げられたりしますね。

放送禁止の歌詞があるのか?歌詞そのものに禁止用語があるのか?一般の方は世に出た歌詞しか知らないので疑問な部分もあるでしょう。

禁止用語

僕自身は、そういう話を耳にしただけでなく、そういった経験があります。
「この歌詞だとちょっと通らないかもねー。CD出せないかもねー」と業界の人に言われた経験が。

メジャー、インディーズは関係ない

あまり、詳しくはないのですが、実際に経験してはいるわけです。
ただ、聞いたところによると、メジャーだから駄目、インディーズだからOKというわけではないようです。

要は放送禁止用語がダメ

放送禁止用語、別に歌詞で使っちゃいけないわけじゃないんですよ。
みんな、日常で使ってますよね?

表現の自由、言論の自由、というものもあります。
別に歌詞にするのを禁止されているわけじゃないんです。

でも、テレビやラジオでは使っちゃいけない言葉があるんです。

メジャーでは使えない歌詞があると言われる理由は、ここにあるんでしょう。
要は、テレビやラジオといったメディアを中心に宣伝したいからってことですね。

だから、メディアで流せる言葉しか使ってないほうが好ましい、ということです。

狂ってるはダメ

よく、テレビなんかで「狂う」って歌詞変えて歌ってるの見かけますよね。

でも、CDにする時、何をダメにするかは事務所だったりレーベルの判断だったりすると思うんです。

ゴールデンボンバーの「元カレ殺ス」という曲がありますよね?
あれももしかしたら、事務所、レーベルが違ったら、違うタイトル、歌詞だったかもしれません。

放送禁止用語じゃなくても、メディアにこの歌詞、この言葉は不適切と捉えられたら曲が流せなくなっちゃいますから、できるだけ安全にいこうとする事務所、レーベルもあるでしょう。

最近、RADWINPSが新曲を出して、その歌詞を見て、「いいなぁ、この歌詞でCD出すことできて」と僕は思いました。

実際、NGが出なければなんでもアリですが、僕のように、こういう歌詞は書いちゃいけない、こういう言葉は使っちゃいけないと思い込んでしまっているアーティストも多いんじゃないでしょうか?

一時期よりは、規制は緩くなっている

と、個人的には感じています。

数年前、石原裕次郎さんの「嵐を呼ぶ男」 がCMで使われていましたが、「俺らはドラマー やくざなドラマー」の歌詞が、「俺らはドラマー やんちゃなドラマー」に変えられていました。

でも、最近「やくざ」って言葉は、テレビでも聴くようになりました。

だけど、安心はできない

テレビ、ラジオといったメディアの衰退がこういう規制を緩めているとも捉えられますが、最近、色んなところで法整備、法改正が進められています。

一時期、児童ポルノ禁止法がマンガにも適用されるという話が話題になりましたよね。

各協会が、それぞれの判断で規制ならまだしも、国が犯罪として扱うようになってしまうようになると恐ろしいです。

自由は不自由から生まれる

個人的には、規制は別に良いと思ってます。
信念、良心に従っていれば。

アーティストの立場からしても、違う言葉を使って表現できる技術があればいいわけだし、一度歌詞を見ただけではわからないけど、ちゃんと読んだ人には違う解釈ができるように表現することだって出来ます。

ただ、納得できないのは、表向きには社会のためにやっているように見せかけながら、本当は儲け主義、利権絡みでそういった規制がされていることが多いということです。

「規制をすることで、誰が一番得をするのか?誰が一番儲けるのか?」

という視点を持つと、その規制の本当に意味が見えてきます。

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事