ファンとバンドマンが付き合う方法-ノウハウ編

バンドマンの彼女、アーティストの彼女に憧れる方、けっこう多いです。
好きになってしまったら、恋をしてしまったら、それはもうどうしようもないことですよね。

音楽が好きな方には、アーティスト、バンドの音楽そのもの、ステージそのものが好きな人が多いと思いますが、「バンドマンと繋がりたい」「女性として見られたい」「もっと近づく方法を知りたい」と考えている方もけっこういると思います。

実際、ファン食い、ファンに手を出す云々…女性関係を気にされる女子、多いですからね。
それは、そんなバンドマンと繋がることを期待している女子が多いことを物語っています。

今回は、そんなあなたのために、バンドマン、アーティストと付き合うためのヒントをお教えします。

バンドマンが一番嫌う彼女

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%8c%e5%ab%8c%e3%81%86

公私混同する人。
仕事、商品として見れない人。

こういう人は、バンドマンに嫌われます。
つまり、バンドマンと付き合うことはできません。

一般の仕事とは違って、顔見せ商売ですから理解が難しいかもしれませんが、例えばもし、会社に恋人が来たら嫌ですよね?

ちょっと、わかりやすくあなたに専門職の彼氏がいると想定しましょう。

例えば、医者。

あなた「今度の手術見に行っていい?あなたの手術してるところが好きなの」

感覚的には、こんな感じ。
「こんな彼女あり得ない」と思いませんか?

例えば、美容師。
一歩譲って、客として店に潜入してるとします。

彼氏「どうですか?髪型とてもお似合いで可愛いですよ」(客の女性に対して)
あなた「ちょっと何なの?あの女に色目使って!どういうことよ!」

感覚的には、こんな感じ。
「こんな彼女あり得ない」と思いませんか?

バンドマンだって同じです。
ライブハウスに来て、堂々と楽しんでる彼女ってのは気が引けます。
他のファンの迷惑にもなりますしね。

元々ファンだった子が彼女になると考えたら、そんな振る舞いされるんじゃないか?って考えるのが普通ですよね。
それくらい、ファンということだけで、他の女性よりハンデを背負っています。

もし、彼女になれたとしても、できるだけライブに行くのは控え、もし行くにしてもゲスト席が用意されてる規模の会場に限定するよう心掛けるといいでしょう。

ファンの延長上に彼女はない

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%bb%b6%e9%95%b7%e4%b8%8a

まずは、それだけ覚えておきましょう。
彼女になったら、一般的なファンという感覚は捨てなければいけません。

彼女じゃなくても、友達でも、仕事仲間でもそうですね。
一般的なファンの感覚を捨てられない人とはプライベートや仕事では関われません。

バンドマンの彼女はライブハウスでは目立たないようには振る舞いますが、業界の現場や飲みの席などには同席するケースも多いです。
そんな時、バンド好きなミーハー感丸出しだと、彼氏だけなく彼氏の周りのバンド仲間や業界関係者にも良い印象を持たれない。

その結果、彼氏に対しても印象が悪くなり、仕事に支障が出る可能性もあるので気をつけなければいけません。

お目当てのバンドマンを彼氏にしたいと思ったら、まずはファンをやめること。
ライブで最前列に行ったり、物販席で話しかけたりなんかは持ってのほかです。

ファンから彼女になるのが一番遠い道

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e5%bd%bc%e5%a5%b3

いろいろと話させてもらいましたが、要は、ファンという肩書きのあなたがバンドマンの彼女になるのは一番可能性の低い険しい道だということです。

山登りに例えるなら、もちろん1合目から、しかも上級者コースで挑戦してるようなもんです。

別にM体質の方であれば、わざわざ一番険しいコースを選択しても構いませんが、山登りのルートには初心者コース、5合目までバスで、ロープウェイを使って、ヘリコプターで、色んなルートがあります。

「いやいや、できれば楽して頂上まで登りたい!」という方は、続きの記事で、その具体的なルート、方法をご紹介していますのそちらをどうぞ。

▼バンドマンと付き合って幸せになれる魔法の7ステップ

バンドマンが、バンドマンと付き合いたいファンに捧げた無料アドバイス集。
実践した優子さん(仮名)は、これで念願のバンドマンの彼氏をゲットしました!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事