YouTubeのMV再生回数は1000回いけば十分食っていける

近年、PVではなくMVと言われることが多くなりましたが、今こそまさにPVの時代だと思います。

ですが、広告を入れて再生回数でYouTuberで収入を得たり、何かランキングや賞を狙うわけでもないのに、どれくらい見られたかを一番重要視して競っているアーティストやバンドが多いです。

上に挙げたように動画そのものが売上げに繋がる考え方ならそれでも構わないですが、それはすでに知名度のある有名なアーティストだから可能なビジネススタイル。

楽曲をCDやダウンロード販売で売る、ライブに来てもらうという目的ならば、再生数を上げることばかりに気を取られているのはナンセンスです。

PVとMVの違いとは?

違い

PVとは、プロモーションビデオの略。
日本語にすると、「販売促進映像」といったところです。

MVとは、ミュージックビデオの略。
日本語にすれば、「音楽映像」ですね。

PVの使い方は、例えばCMで流れる映像、またグラビアだったり、デパートやスーパーだったりでも、商品を紹介するための映像が流れていますよね。
そういったものが、いわゆる販売促進のための映像=PVです。

音楽も元々は、PVと呼ばれ、CDを売るための販売促進用として作られてきましたが、ここ数年ではMVとして扱われることが多くなりました。

ですが、作品である「音楽映像」を売ることもしないで、かつ販売促進のためにも使わないというのはどういうことなんでしょう?

どうしてMVになったのか?

1000再生Ⅱ

色んないわれがあるので、どれがはっきりしない部分もありますが、一般的に言われるのは海外では昔からMVと呼んでいて、PVという表現は日本独自だったようです。

ですが、近年日本のアーティストが海外進出するようになり、MVという表現を使いだした、ということらしいです。

最近、サッカーでも「アディショナルタイム」って言いますよね。
昔は、「ロスタイム」と言っていたのに。

ファッションでいうと、「オーバーオール」を「サロペット」と言うようになったり。
まぁ、大きくはそんな感じで、内容そのものにたいした違いは無いようです。

他には、これもよく言われることですが、音楽業界の宣伝に使う予算が減ってきていて、昔は広告宣伝費の中から出していたからPVと呼ばれていたものが、現在は音楽制作費の中から出しているのでMVと呼ばれるようになったということ。

あとは、映像監督は作品と思って映像を撮っているので、PVという呼ばれ方を嫌う人が多いので、気を遣ってMVと呼ぶようになったという話。
これも、よく聞く話です。

今こそPVの時代

宣伝 (2)

MVと呼ばれる近年ですが、そのMVの発表の場はYouTubeであり、無料で公開しています。

一昔前は、ミュージッククリップ集などとして、いわばアルバム曲を映像つきCDという形でビデオやDVDにして販売していました。

これであれば、まさにMV、つまり作品としての意味がありましたがが、結局今はMVと呼びながらテレビなどで流れるのと同様、販売促進用のPV的な使われ方ばかりです。

ですが、あくまでPV的な使われ方であって、PVとしては成り立っていないんですよね。

実際は、CDの音源にただ映像をつけているだけで、映像を抜き取れば中身は一緒です。
これでは、CDの販売促進としての役割は果たせませんよね。
ただで、音源を配るようなものです。

海外では、MV映像の間に全く別のシーンを挟んだりして、MVではまるまる一曲通して曲が聴けなくする工夫がされているものも多いです。

日本でも、近年ではそういう手法が取り入れられてきましたが、まだまだ一部のアーティストで、多くのアーティストにはそういった工夫はなく、ただただCD音源の映像化にとどまっているケースが多いです。

再生数は1000回いけば十分

満足

多額の制作費、宣伝費をかけて、再生数を上げられるのならいいですが、小さな事務所、または自主活動でそこで争っても仕方がありません。

どれだけ多くの人に見てもらえるかよりも、どれだけお金を払う気のある人に見てもらえるか?のほうが何倍も大事です。
いくら、MVの再生回数が増えても、無料でしか音楽を聴かない人達をたくさん集めても意味がありません。

ですから、MVでは自分達の音楽を聴かせるのではなく、自分達の音楽を聴いてもらうための努力をすることが大事です。

まだ、ファンを獲得できていないアーティストは、自分達の音楽に興味を持ってもらうためのファーストステップとしてのMVを、すでに一定のファンを獲得しているアーティストならば、そのファンが喜ぶようなコンテンツをMVに盛り込むべきです。

YouTubeを使って収入を得ている人達

お金持ち

 

音楽関係の動画を見ていると、「この動画1000再生しか回ってないのかぁ」と感じてしまいがちですが、1000回しか回っていなくてもライブではたくさんのファンが来るアーティストがいますし、逆に10万回再生されていてもライブには10人程度しか来ないアーティストも現実の場では存在します。

売れているように見えるアーティストが実は全然売れてなくて、売れてないように見えているアーティストが実際は音楽だけで食えている。
ネットとリアルの場は直結していなく、ネットでの数字は何の参考にもならないんです。

こういった現象は、特に音楽業界に見られるもので、音楽とは関係ないビジネスの多くでは、YouTubeの再生数は1000回くらいしか再生していない人達がしっかりと利益を上げています。

専門的な動画になればなるほど、興味を持って観る人も少ないですから本気で興味を持っている人しか見ません。

つまり、お客さんになる可能性のある1000人が動画を観るわけですから、購買率も上がります。
ですから、「1000人しか」じゃなくて「1000人も」観てくれているといった状態です。

音楽だとそうはならないんですよね。
特に、今のMVの公開の仕方だと、それで音楽まるまる1曲聴けてしまいますから、バックエンド(本当に売りたい商品)として機能しないんです。
また、MV自体もフロントエンド(最初に売る商品)として機能していません。

ビジネスの基本概念として重要な、フロントエンドとバックエンドの考え方が、音楽ビジネスでは上手く利用されていないんです。

商品に興味のある人達だけを集め、安く商品を提供することで購買意志がある人達だけに絞り、本当に売りたい商品を提案する。

この流れを意識せずに、ただ漠然とたくさんの人に観てもらってYouTube再生数を上げることだけに費やしてしまいます。

仮に10万再生したとしても、1000人しかお金を払う気がない人達だったら、1000再生でも1000人全員お金を払う気がある人に見てもらったほうが意味がありますし、効率がいいです。

メジャーアーティストであれば、つくづく実感している事実ですが、「知名度と売り上げは比例しない」ことを意識して、音楽活動をしていくことが大事です。

▼関連記事

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事