バンドマンはアイドルからファンとの関係を学ぶべき

アイドルがキャバ嬢化し、バンドマンやシンガーソングライターがアイドル化している昨今、そしてすでに、バンドマンのホスト化、キャバ嬢化が進んでいってます。

過剰になっていくサービス、媚びへつらいのオンパレード、本当にその流れに乗っかるだけでいいのでしょうか?

今一度、音楽をやる上で自分のアーティストとしての立ち位置を考え、周りに流されすぎず、自分で考え行動する必要性があります。

今回は、2016年、女性シンガーソングライター冨田真由さんが男性ファンに刺されるという残忍な事件「小金井ストーカー刺傷事件」を受けて現役でアイドル活動されている優月心菜さんの発言が話題になりました。

その発言から、バンドマンもファンとの関係について学んでいきましょう。

優月心菜さんの発言

松浦亜弥さんの発言は時代的な価値観のものかな?と思っていましたが、現役でアイドル活動されている優月心菜さんもファンを制すような発言をして注目されていました。

こうやって見ると、ファンのことだけでなく、他のアイドルのことも考えた発言にも思えますね。

今なら事務所的にはNG発言

ダメ

「こんな発言したら、ライブが盛り下がる、ファンからのブーイング、SNSなどで炎上する可能性がありますから、そういったファンが減る可能性がある行為はビジネスを第一に考える事務所としては認めないのは当然。」

と上の記事でお話しましたが、優月心菜さんは、現在フリーで活動されているようで、また声優、舞台、映画出演などアイドル活動意外にも幅広く活躍されている方だからできる発言です。

ですが実際、自分自身では発言しなくても、同じように感じているアイドルの方は多いはずです。

いったい、誰が悪いのか?

わからない

優月心菜さんのような方が今もいて、僕は安心する面もあるのですが、世の中を見ていると優月心菜さんのように「私たちも、努力していけたらいいなと思います。」というような発言は業界通してあまり見られませんでした。

「握手会やチェキなどのイベントが問題なのではないか?」という話題になり、一時相次いでそういったイベントが中止されたりしましたが、結局、少し話題が落ち着けば、やはり貴重な収入源をなくすわけにはいきません。

結局、手荷物検査など厳戒態勢が張られたり、スタッフを多く配備したりと収益の仕組み自体は一向に変えないので、なんだか業界はファンを疑ったり、ファンが悪いと、全てはファンのせいだと仕向けるような形を取っています。

ファンを守るのか?自分を守るのか?

クソ野郎2

好きになっちゃったら、人間抑えがきかなくなっちゃうんですよ。
それは、皆さんきっと何かの形で経験してると思います。
そして、ファンもまた、同じです。

だから、アーティストがファンをコントロールしてあげる必要性があるんです。
コントロールといったら少し言い方が悪いかもしれないけれど、「ここまでは嬉しいけど、これ以上は困る」とか、「こういうことされたら悲しい」とかそういうルールを作ってあげる。

別に、一般的にどうかとか業界統一でとか、まずは大きな話じゃなくていいんです。
そのアーティストとそのアーティストを好きなファンとの関係の話ですから。
親しくなるのは構わないけれど、親しき仲にも礼儀ありの関係をきちんと構築していくというだけの話です。
いわば、基本的な人間関係の話です。

ファンも、別のアーティストと接する時に、そっちの構築された関係を持ちこまないでくれれば済むことです。
それぞれの場所でのアーティストとファンの関係性、それをアーティストひとりひとりが独自で提示していけば済むことです。

今、何が問題かというと、ファンがアーティストをコントロールしているということです。

アーティストがファンに対して、自分の価値観をきちんと提示しないから、ファンのほうが自分の価値観を押しつけそれにアーティストが従ってしまう。
そんな関係性ができあがっています。

なので、アーティストのほうからファンにルールを提示して、アーティストとファンの両方が心地良く感じられる環境を作ってあげることが大事です。

目先の未来を失う勇気を

ケーキ

少し自分の話をさせてもらいますが、僕もメジャー業界にいた頃は媚びへつらいながらバンド活動をしていましたが、個人でフリーで活動するようになってからは自分自身の責任で発言、行動できるので、ここで話したような時代の流れを踏まえ、きっちり自分の考え、価値観を提示して活動する方向へとシフトチェンジしました。

そりゃ分かってたことですが、結果として、ファンは減りました。
なので、もちろん収入も減りました。
だけど、危険なファンも減ったんですよね。

そして、僕にとっての一番の利益は何かというと、危険なファンが減ったということでした。

昔から僕のことを知っているファンの中には、粘着質だったり、プライベートに入りこんで来ようとする人もいますが、それこそ個人で活動をするようになってから僕のことを知ってくれた方とは良好な関係が築けています。

一時的なことを考えたら、ファンを失うのは大変だけど、長い目で見たらやっぱりそっちのほうがいいですよ。
一生かけて、ファンと付き合っていきたいと思うなら。

ファンは家族や友達、恋人とは違うけれど、「一生付き合っていく」って意味では同じような関係性だと思います。
だから、数年だけ仲良くするつもりで接するべきではないし、そういう間柄の絆が深まる時のって数ヶ月、数年に一度何かのきっかけで大きくゆっくり進んでいくものです。

なんでもかんでも、インスタントかつスピード感を求める時代になってきているけど、技術は進歩しても人間自身はたいして成長してないんだから、時代が変わっても人間として変わることのできないものを大事にして活動するべきです。

お役立ち書籍

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事