ファンがキュレーターとなって「売れる」時代

アーティスト活動、バンド活動の中で、宣伝は大事な活動のひとつですが、インターネットが発達したこの時代、ファンが情報の発信者(つまりはキュレーター)となってアーティストに新たなファンをつけていく形がどんどん広がってきています。

アーティストのあなたは、そういった意識でファンと接しなければいけませんし、アーティストを応援したいファンのあなたは自分にできることについて、もっと真剣に考えるべきだと思います。

増加する一般人イベンター

一般人2

ここ数年で、ファンが好きなアーティスト達を集めてイベントを行うことが多くなりました。

これがまたありがたいことに、どこかのバンドが企画するイベント、ライブハウスが企画するイベントの場合、チケットノルマが課されることが多いのですが、ファン主催のイベントではチケットノルマがなく、しかもギャラまで頂けるというパターンが非常に多いです。

中には、ただアーティストと近くで話したいだけのミーハーなファンもいますが、純粋に音楽が好きで、「このメンツで対バンしたら絶対面白い」という、そのファン目線が世間と一致することでお客さんも増え、しっかりイベントの知名度が上がり成功しているものも多数あります。

業界人と比較して、素人、ファンと呼んでいますが、実績をみればプロ以上に優れた点は数多くあるんです。
消費者だからこそ、ファン目線で考えられるわけで、正直なところ、素人、一般人とは言えないレベルの方も多数存在しています。

増加する一般人キュレーター

一般人3

また、ここ数年でファンの方がアーティストのレビューを書いたり、SNSなどで紹介するといったケースも増えています。

例えば、「BASEMENT-TIMES(旧 地下室TIMES)」なんかもそうでしょうし、この「音楽よもやま話」も音楽評論家ではなく、ギタリストの僕が主催している音楽メディアであるから、またそういった新しい形のひとつなのかもしれません。

大手の音楽メディアなどの取材、楽曲のレビューなどは、アーティスト側または事務所側から取材料を頂いて書いているケースがほとんどで、全然そのアーティスト、楽曲を良いと思っていなくても悪く書けるわけはなく、「ほめる」という制限の中で常に書かれるわけなので、説得力のない表現になってしまうことも多いです。

それに比べ、素人が書いたものは信ぴょう性が高いんですよね。
何を書いても自由だし、好きなアーティストに関しては評論家よりも聴きこんでいるから、より明確なことが言えます。

アーティストを悪く言えることも、また一般人の特権なわけです。

アーティストの売り方、潰し方

一般人4

音楽の楽しみ方は人それぞれですが、個人的な楽しみのためだけに音楽を聴くだけでなく、「好きなバンドを応援したい」「もっと大きな会場でやらせてあげたい」「音楽だけで食べていけるようにしてあげたい」という人もたくさん存在します。

今は、個人の力でそれが可能な時代。

上で例に挙げたように自分でイベントを組んだり、また、ブログなどでアーティストを紹介したりする形もありますが、やはり誰でも簡単に発信しやすいFacebook、Twitter、インスタグラムなどのSNSから手をつけていくのがいいと思います。

実際、この影響力はあなたが思っている以上にはるかに強いですよ。

「私ひとりの力なんて、何の影響もないはず…」なんて思っているかもしれませんが、すでにあなたの存在はアーティストを生かすも殺すも可能な次元にいます。

ファンはファンの行動を見ている

一般人5

この見出しだけで、ひとつの記事が書けてしまいそうなので、ここでは詳しくは割愛させていただいて、また別記事でご紹介しますが、「ファンはファンの行動を見ている」という意識を持って、SNSなどをすることがとても大事です。

これから新しくアーティストのファンになる可能性を持った人にとっては、MVを見たり、対バンをチェックしたり、色々と「下調べ」というものがあります。

そのひとつに、その気になるアーティストのファンのチェックと行動があるわけです。

「こういう人がファンなんだ。ライブとか空気悪そうだなぁ」
「こんな素敵な人が好きなアーティストって、どんな方なんだろう?」

というふうに、あなたの発言も知らず知らずのうちにチェックされています。

だから、そんな面でもあなたは知らぬ間に、アーティストを生かしているかもしれないし、殺しているかもしれないんです。

一度、客観的に自分のSNSを見てみて、「こんな人がファンのアーティストのライブに行きたいと思うだろうか?」「こんな人がファンのアーティストを応援したいと思うだろうか?」と、あなたがアーティストを応援したい気持ちがあるなら、一度そういう視点を持ってみるといいでしょう。

お役立ち書籍

SNSが普及したことによって、一般の方でも多くの情報を発信できるようになりました。
そして、そんなSNSの普及により「つながることでしか売れない時代」になっています。

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事