音楽事務所、レーベル社員が仕事できなすぎる問題

企業が人材を育てなくなり、挑戦、冒険をせず目先の利益ばかりを見るようになってきましたが、音楽業界もまたそんな社会に飲み込まれています。
その結果、どんな人材が社会に生まれていくのか。

バンドはもうライブハウスでスカウトされることはない」で書かせて頂きましたが、音楽がわからない大人が増えただけではありません。

仕事ができない大人が増えました。

事務所、レーベルの役割とは

%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b2
音楽事務所(プロダクション)はアーティストと「マネジメント契約」を結ぶところで、レコーディング、宣伝、営業、契約交渉やスケジュール調整を主に担ってくれるところです。
 
レコード会社(レーベル)はアーティストと「録音契約」を結ぶところで、制作費を払ってもらって楽曲を販売してもらったり、それに伴う宣伝をしてもらうところです。

自分達でやったほうが早い

%e8%87%aa%e5%88%86%e9%81%94%e3%81%a7
現在もしくは過去に音楽事務所、レーベルと契約した経験があるアーティスト、つまりそこにたどり着くレベルを持ったアーティスト達はみんな口を揃えてこう言います。
 
「会社員って仕事できない人多いよね」
「正直、自分でやったほうが効率いいし早いよね」
 
ファンの方やライブハウスの方、メディア媒体の方もそんなこと感じた経験ありませんか?
 
「物販での呼びかけが下手」
「物販の回し方が下手」
「お客さんへの対応が下手」
 
「店との交渉が下手」
「ブッキングの組み方が下手」
「連絡が遅い、不十分」
 
「バンドの売り込み方が下手」
「人間関係を作るのが下手」
 
など。

どうして事務所を頼るのか? 

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%ef%bc%92
ひとつは、アーティストが音楽を作ること以外、ライブをすること以外はプロではないからです。
宣伝、営業、交渉などは苦手な分野だから、その辺はプロに任せたほうがいい。
だから、それぞれのプロにお願いしよう。
という感じ。
 
もうひとつは、物理的に手が回らない。
ファンや活動の規模が大きくなって、身体が2つないと時間が足りない状態になった時。
自分の代わりになってくれる存在が必要になるわけです。
 
ですから、できれば自分の能力以上、最低でも自分と同レベルのスキルを期待するのですが、実情バンドマンのほうが仕事ができてしまうケースが多いです。

バンドマンは仕事ができる

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80
事務所に所属するまでは、自分達で宣伝して、営業して、ファンを獲得してきたわけです。
しかも、それを少ない活動費で。
 
お金がないですから、できるだけお金をかけずに、しかも最大限の結果を発揮できるように努力していますから、そりゃ自然とスキルが上がるはずです。
 
そういう経験を経た上で、今までの10倍、100倍お金をかけられるわけですから、単純に考えて今の10倍、100倍ファンが増えるだろうと考えてしまうのは当然のこと。
 
だけど実際は、そうはならないわけです。
 
どういうバンドが売れてるのか?
 
僕が色んなアーティストを見てきた感想では、売れたケースとしては、
 
「音楽が優秀で、マネジメントも優秀だった」
「音楽は平凡だけど、マネジメントが優秀だった」
 
逆に、売れなかったケースとしては、
 
「音楽が平凡で、マネジメントも悪かった」
「音楽は優秀だけど、マネジメントが悪かった」
 
という感じです。
 
一番残念なのは、「音楽は優秀だけど、マネジメントが悪かった」で売れることができなかった場合ですよね。
 
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事