セフレを作って客にするアイドルがいるって本当?

前回の記事「ファンとアイドルが付き合う方法」「アイドルに好かれるファン、嫌われるファンの特徴」を受けてでしょうか、また別のアイドルのプロデューサーさんからご連絡をいただきました!

 

今回は、実名での取材OK!ということなので、いろいろとアイドル業界にまつわることを聞いてきましたよ。

TAKと申します。
東京都内を中心に活動する地下アイドル『さっきの女の子、』のプロデュース及びマネジメントをやっております。

先日、テレビで地下アイドルに関する特集があったのですが、その様子と少なくとも私が見てきている様子が違ったので、趣旨とは少しずれるかもしれませんが、舞台裏から表立って言えない話まで上手く伝えられればと思いました。

また、choro様が普段地下アイドルに関して疑問に思っていることなどがありましたら、そちらへも回答させていただきたいと思います。
もし、ご興味がありましたら、ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!
アイドルとバンド、同じステージに立つ人間としての共通点や違いをいろいろ教えていただけると嬉しいです!

そんなわけで、今回はこんなこと聞いてきましたよ!

NHKの番組の地下アイドル特集の放送内容

nhk

NHKの「ねぽりんぱほりん」という、色んな業種の裏側を暴露する番組で「地下アイドルの特集」があったようなのですが、それについてアイドルをプロデュースされているTAKさんに、地下アイドル業界の実際のところを取材してきました。

セフレ、手ブラチェキって本当?

ブラ

テレビの内容では、お客さんをライブに呼ぶために、セフレを作って呼ぶアイドルもいるとのことですが、

「僕的には、『あ、そうなんだ』って思った内容です。

アイドルには大きく分けて2種類あって、僕みたいに運営を担当するプロデューサーがいるタイプと、個人ですべてを行っているタイプがあり、もしセフレを客にするアイドルがいるのであれば、それは後者のタイプでしょう。

プロデューサーのような大人がついていると、予約リストで怪しい名前があるとメンバーに『どういった関係か?』確認しますし、物販などでもどういった経緯で自分達のアイドルを観にきたのか?などを質問したりするので、大人がついているアイドルに関してはセフレを作ってお客さんとして呼ぶようなことはないと思います。

手ぶらチェキに関しても、大人が「オッケー!」を出さないとやれないので、下ネタを売りにしているとかでない限りは、普通はやれないですよね…なので運営がついていない個人発信のアイドルが大半でしょう。」

テレビというのは、一極をピックアップして演出するものですから、どちらかというとテレビ用に作られた内容のようです。

地下アイドルというよりは、地底アイドル(地上アイドル、地下アイドル、地底アイドルという住み分けがあるそうです)の部類に入る方達ではないかと。

プロデューサーってなに?

プロデューサー

バンドとアイドルの違いは、活動初期からプロデューサーが付いていること。
そして、それがアイドルの活動においての絶対権力になります。

パターンは色々あるようですが、運営会社の社員がアイドルをプロデュースしたり、アイドルの知り合いがお金の管理などのマネジメント業務を請け負って活動するようです。

割合としては肌感覚ではありますが、大まかに個人(でも誰かと一緒にやっている)としてすぐスタートする人と、地下アイドルだけど法人のレッスンなどを受けてからスタートする人で、半々くらいの感じでしょう。

中には自分たちで作っていることをセールスポイントにしている人もいますが、基本的にアイドルは、バンドとは違って自分達で音楽を作っていくわけではないですから、新しい曲や仕掛けが用意できないと、ファンが飽きてしまう、ステージが代わり映えしない、など不満の種になるため、プロデューサーと一緒になって取り組もうとしないアイドルはすぐ消えていくケースが多いみたいです。

大人に搾取される10代、20代の女の子たち

お金

アイドル業界には、「アイドルになりたい!」という夢を持っているけれど、それ以外何の知識もないことをいいことに、お金を搾り取る悪い大人が存在するようです。

そんなわけで、「こんな運営には気をつけましょう」という怪しい運営のやり方について教えていただきました。

事務所搾取系

・レッスン費という名目でアイドルからお金を取る

ダンス、歌などのレッスン費としてアイドルからお金を徴収するパターンです。
もちろん、そのための講師は用意しますが、講師に入るのは3、4割で、残りは運営側の懐に入るようです。

母体がメジャーな事務所の場合、「養成所ビジネス」という呼ばれ方をする場合もありますが、養成所や事務所からデビューができない限りは、搾取と思って良いだろう、と。かという自分も似たようなことに引っかかっていましたので…苦笑(事実です)

その他、宣伝費、登録費など、何かと費用として徴収するパターンもあります。

とはいえ、大体の事務所がレッスン費という項目でアイドル志望の子からお金を徴収していますが、やり方さえ上手ければ、レッスンさせつつ、デビューさせた方が売り上げは良いので、いつまでもデビューの兆しがないな…とかデビューさせるって言ってもうどれくらい経ったんだろう…ということがあったら、警戒した方が良いかもしれません。

・契約書という名の不平等条約

そもそも10代の子との契約は、必ず親や親近者からの了承を得られなければ交わすことができないのですが、「事務所」「契約」「夢」などの強い言葉に動揺してしまい、サインしてしまうことが多いと思います。

「2年間は活動を続けること。
それを違反した場合は、10万円の違約金が発生します」

など書かれているパターン。

これは音楽業界の事務所契約でもよくあることですし、一概に危険だとは言えないですが、地下アイドル業界では、違約金を取ることが目的の「やめる前提」の活動をさせるケースがあるようです。

契約後に、当初掲げていた方向性と全然違う方向性に向かわせてアイドルにやる気を失わせたりして、活動を2年以内にやめるように仕向けます。

意欲型名目搾取系

こちらは、「みんなで一緒にやろう!」と一見情熱に溢れた見せ方をして、みんなで全ての活動経費を折半する形のやり方。

そうやって上手く言いくるめて、プロデューサーが経費を負担せず、アイドルと折半して活動します。

ですが、契約は結んでいるので、上下関係はあるという不平等なやり方です。

こういった事務所は、音楽業界、芸能界など「夢を持たせる職業」には一定数存在しています。

音楽の専門学校などでは、「こういう大人には気をつけましょう」みたいなことを教えてくれるのですが、アイドルをやりたい子にはそういったことを教えてくれる大人もあまりいないでしょうから、騙されてしまうことも多いでしょうね。

収益の分配率は?

分配

アイドル活動で稼いだ収入が、運営側とどれくらいの割合で分配されるのかについても聞いてきました。

一番多いのは、アイドル3:運営7くらいの割合じゃないかということ。

ただ、目標や目的がどこにあるか?によって、分配率も変わってくるようです。

例えば、オリジナル曲を作らなければ、運営にお金は掛からないですから、売上を折半するケースもありますし、オリジナル曲をたくさん作ったりするなら、売上を全部投資に回すケースもある、と。

ただ、実際のところ、「地下アイドルやりたいけれど、どういうふうにやればいいかわからない人」が多く、それをつけ狙って運営が売上の多くを懐に入れ、アイドル活動のための投資に回さないあくどい大人も多いようです。

TAKさんプロデュースのアイドル「さっきの女の子、」の紹介

さき女

最後に、今回取材にご協力頂いたTAKさんのツイッターと、手掛けているアイドル「さっきの女の子、」をご紹介!

TAKさんいわく、楽曲に力を入れてプロデュースされているようで、最近では「楽曲派」と呼ばれることも増えてきたようです。

HPから他の楽曲の視聴も可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

・さっきの女の子、 公式ホームページ : http://www.that-girls.info/
・さっきの女の子、 公式twitter : @InfoSakijo
・TAK twitter : @tak_a_hiro_k

▼PICK UP!3/21 アイドル番組「tokyo torico」出演!

tokyo_torico_M

アイドルシーンを” 番組”という観点から盛り上げるべく、すべての人を”虜”にするという狙いのアイドル番組「tokyo torico」。

「さっきの女の子、」は3月21日 20:00-20:30出演です。
放送での視聴・スタジオでの観覧をお楽しみ頂けるようなので要チェックです。
tokyo torico 紹介ページ

▼関連記事

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事