バンドが集客のためにSNSやブログで宣伝する必要なんてない

「ライブにお客さんが来てくれない」「CDが全然売れない」と悩むバンドマンは多いです。
ファンをつけるために、「バンドマンは絶対SNSやるべき、ブログやるべき」と音楽関係者や仲間ミュージシャンに言われたり、また「バンドマンのための経営戦略的」なブログやツイッターアカウントがありますが、そういったものにも必ずSNSやブログを利用するように書かれています。

本当にファンを増やすために、SNSやブログで宣伝、告知、営業することが重要なのか?
僕はそうは思いません。

ファン獲得にSNS、ブログは関係ない

%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%aa%e3%81%84

バンドのHPやYoutube以外でライブの告知、楽曲の公開をしていないバンド(つまりバンドマン個人が主体となって宣伝していないバンド)を知っていますが、ライブにもお客さんがたくさん来て、CDも売れているバンドをたくさん知っています。

逆に、TwitterやFacebook、インスタグラム、ツイキャス、ニコニコ動画、SHOWROOM、nanaなど色々やっているバンドを知っていますが、その割に全然ファンがいないバンドも同じようにたくさん知っています。

何もやっていなくたって、人気のあるバンドはちゃんと人気があります。
本当にSNSやブログで宣伝することに意味があるのでしょうか?
また、ファンが多いバンドと、ファンがつかないバンドの差は何なんでしょうか?

良いバンドであること。ただそれだけ

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89-2

確かにSNSやブログには大きな宣伝力があります。
でも、その宣伝力ってバンドそのものが担ってるわけじゃないんですよね。
バンドのファンです。

良いバンドは、バンドのファンがSNSやブログを使って宣伝してくれる。
ファンがSNSを使ってクチコミしてくれるから、信ぴょう性があって新たなファンが獲得できるんです。

仲間のバンドマンだって宣伝してくれますよ。
あなたのバンドが良いバンドだったら、自分のファンにも教えてあげたいはずです。

大事なのは、バンドがSNSやブログで宣伝する力をつけることじゃありません。
ファンにSNSやブログで宣伝してもらえる力をつけることです。

中途半端にやるのはむしろ逆効果

%e4%b8%ad%e9%80%94%e5%8d%8a%e7%ab%af

やらないよりはやったほうがいいだろうなぁ、と思ってTwitter初めてみたはいいけれど、全然つぶやかなかったり、つぶやいても全然中身の内容だったり、そんなアーティストの方見かけたりしますよね?

だったら、やらなかったらいいのに。

なんだか、やらされてる感を感じちゃったり、音楽に対してそんなにやる気ないのかな?とか、ライブに来てほしい、曲聴いてほしいって熱意ないのかな?と思われてしまいます。

好きならやろう。ファンのためならやろう

%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%84-2

もちろん真剣にやれば、SNSやブログは確実に効果はあります。
だけど、「やったほうがいいよなぁ」「ライブに来てもらうためには仕方ないか」なんて気持ちなら今すぐやめたほうがいいです。

僕もTwitter、Facebook、インスタグラム、LINE@、ツイキャス、そしてこのブログをやっていますが、メインにやっているのはTwitterとこのブログだけです。
Facebookはこのブログの自動投稿で連携しているだけで、その他はまだはじめたばかりで自分に向いてるか、好きな感じかお試し期間中です。

どうしてTwitterとブログをやっているか?って、結局のところ、楽しいからです。
全然、苦にならないからです。
もうちょっと言わせてもらえば、みんなに楽しんでもらいたいからです。

バンドやシンガーソングライターのようなアーティストは、技術主義のクラシックとは違って、エンターテイナーです。
だから、人を楽しませることが好きな人、サービス精神の強い人がやっています。

だから、それが自分にとってライブすること、音楽を聴いてもらうことだけだったらそれで良いと思います。
それが本当に良いものであれば、必ずあなたに代わって誰かがそれを伝えてくれます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事