チケットノルマとは?バンドが減り、シンガーソングライターが増える理由

ライブハウスに出演する際の条件として提示されるチケットノルマ。
自分が活動を始めた頃から数年経って、変化があるのか若手のバンドマンに確認したところ、たいして変化はない様子。

ここ最近、シンガーソングライターやライブバーなどが増えてきているのを受けて、改めてライブハウスのシステムと、アーティストの活動や出演する会場の形態について考えていきたいと思います。

チケットノルマとは?

ノルマ

ほとんどのライブハウスでは、出演するバンドに対して「チケットノルマ」という条件が課されます。

「〇月〇日、うちのライブハウスでライブやりませんか?」
「チケットノルマ¥2500×10枚です。
11枚目以降は50%バックさせて頂きます。
出演のご検討、何卒宜しくお願い致します。」

なんて、メールがライブハウス側から届くわけです。

簡単に言うと、2500円×10枚=25000円が出演料になりますよ~って話です。

ですから、前売りチケットが10枚売れればやっと0円の支払い。
例えば、チケットが5枚しか売れなければ、残り5枚分のチケット料12500円はライブハウス側にバンドが支払うことになります。

とりあえず、10枚売らなければバンドは赤字になるわけです。

そして、11枚売れればチケット代2500円の50%、つまり1250円がバンドの収入になります。

チケットが30枚、25000円×30枚=75000円の売上でも、ノルマ分25000円分は差し引かれ、残り50000円は50%の25000円のバック、これをメンバー4人で割ったなら、6250円の収入。

少ないですよね…。

ライブハウスは全く損をしないシステム

契約

これって、バンド側にはリスクがあるけれど、ライブハウス側には全くリスクがないシステムなんですよね。

チケットが10枚売れようが売れまいが、それを支払う人間がバンドマンかお客さんになるかだけで、25000円は確実に手元に入ってくるわけですから。

しかも、11枚以上売れれば、チケット代の半分がさらにライブハウス側に入ってきます。

バンド側は、ライブをすることに25000円支払うリスクからはじまるわけですから、なかなか気軽にライブを行うことができません。

ライブバーが増える理由

バー

ここ数年で、毎日バンドがライブをすることが主となって営業しているライブハウスとは違い、ライブがない日は通常のバー営業をしている「ライブバー」と呼ばれる形態のライブ会場が増えてきました。

規模も一般のバーくらいの大きさなので、集客数は少なかったり、防音設備も整っていなく、アコースティック環境に近いライブしかできなかったりしますが、アーティスト側が利用するケースは増えています。

その理由のひとつとしては、チケットノルマが少ない、もしくはかからないという点が大きいです。

ライブがない日でも、バー営業をしてお客さんにお酒を飲んでもらう飲食業として経営をしっかり成り立たせることで収益が確保できますから、わざわざ出演者に高額なチケットノルマを課す必要がないんですよね。

ジャズバーなんかでは、昔から出演者にはむしろギャラを支払って出演してもらう慣習がありますから、特別新しいことではないのですが、それがポップな音楽業界でも徐々に行われることになってきたということでしょう。

シンガーソングライターが増える理由

シンガーソングライター

またここ数年で、ひとりで活動するシンガーソングライターも増加してきました。

分かりやすく、バンドが月1回ライブに出演するためにかかる費用とシンガーソングライターがライブに出演するためにかかる費用を比べてみましょう。

[バンドの場合]

週1回6時間のスタジオ代 : 約7000円
ライブのチケットノルマ : 25000円

合計 : 32000円

[シンガーソングライターの場合]

週1回6時間のスタジオ代 : 自宅で練習すれば0円
ライブのチケットノルマ : なし(0円)

合計 : 0円

上記は、あくまでできるだけお金をかけずにやるとしたらという極端な例ですが、そう考えた場合、バンドで動くには最低限スタジオ代とチケットノルマは避けられません。
逆に、シンガーソングライターの場合、極力お金を掛けずに活動するなら0円でライブをすることが可能になります。

また、収益に関しても、バンドの場合、スタジオ代とチケットノルマ代、上の例だと32000円を超えてからはじめて利益になります。
ですが、シンガーソングライターの場合、モノがひとつ売れた時点でそれが利益になるわけです。

また、バンドメンバーが4人だと利益をそこから4分割するわけですから、さらに利益率は下がります。
ひとりで活動している場合だと、そっくりそのまま利益になりますから、例え集客がバンドの4分の1でも、例えCDやグッズの売れ行きがバンドの4分の1になってもお得なわけです。

バンドで活動するなら、リスクをできるだけ回避しよう

リスク

こんな理由から、シンガーソングライターであれば月に何度もライブができるわけですが、バンドとなると集客が安定していたり、グッズなど物販の売れ行きが良くないと、ライブをすればするほど赤字になっていきます。

もちろん、良心的なライブハウスであれば、活躍を見込んでノルマなしで出演させてもらえる場所もありますが、初期の段階からそういった場所を見つけるのは大変難しいです。

今はネットが普及し、ライブハウスにこだわらなくても、自分達の音楽を無料で聴いてもらう環境は無数にあります。

バンドでライブ活動をするなら、ライブハウスでライブをやる前にチケットノルマを回収できるくらいのファンを事前に獲得する努力をしたほうがビジネスとしては賢明でしょう。

▼関連記事

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事