バンドマンに聞いた「ヤレるファン、エロい女の職業」ランキング

男が簡単にヤレる女として、「看護師」「保育士」「アパレル店員」「キャバ嬢」「風俗嬢」などがよく挙げられますがバンド界隈ではどうなんでしょう?

僕の見聞きしてきた狭い世界ではありますが、実体験も含め(笑)、ご紹介していきたいと思います。
さらに細かく言うと、「こういう服装で~」「こういう性格をしていて~」となってくるんですが、ここではあくまで職業別の分類としてお話していきますね。

バンドマンの方も、バンドマンと関係を持ちたい方もご参考に。

1位 看護師

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b92

これは断トツです!
理由としては、「精神的、体力的疲労によるストレスを発散させるためセックスに走る人が多い」なんて言われたりしますが、理由はともあれリアルに看護師経験者がバンドマンに多いという事実です。

若いうちから収入も多く、休みも平日にあったりするので、バンドファンに看護士が多いのも影響していると思いますし、仕事上夜遅くまで起きていることに慣れていたりもするので、バンドマンと遊びやすいのかもしれませんね。

そして、とにかくエロいです。
ストレスからの反動でということもあるでしょうが、看護師のように仕事で男性の普段見ない体の個所を見たり汚物を取り扱っている女性は、セックスに対しても嫌悪感を持たない方が多いので、アレやコレやのお願いをけっこうすんなりと聞いてくれたりします。

ただ、メンヘラ率も高く、軽い気持ちで手を出したら後で面倒なことになったと話すバンドマンも多いです。

2位 保育士

%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%a3%ab

やはり、どの世界でも「看護師」「保育士」の2大巨頭は崩れませんね。
理由としては、「職場が女ばかりのため、男に飢えていているので誘われると付いてきやすい」なんて言われたりします。

そして同じく、保育士もエロいです。
男はいつまでも子どもですから、大人の男を扱うのも子どもの男を扱うのも一緒です。
なので、大人の男との出会いには慣れていなくても、男の扱いは自然と身に付いています。
そして、母性が強い方がこういう職業に就きやすいからでしょうか、奉仕したり尽くしたり色んな要求を受け入れてくれる女性が多いです。

我慢がききますから、メンヘラ率も看護師より低め。
なので、ただのセフレではなくバンドマンの彼女になる率も高い職業です。

3位 キャバ嬢

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e5%ac%a2%ef%bc%92

3位にはキャバ嬢がランクイン。
厳密には、ガールズバー店員も含めさせてもらってます。

こちらはバンドのファンが多いというのもひとつの理由ですが、バンドマンがこういったお店に打ち上げ後に顔を出すことが多いので、自然と出会いが生まれやすいというのが大きな原因だと思います。

ただ、エロさでいうとかなり低いです。
何なんでしょうね?男をたくさん知っている女性というのは、プラトニックな愛情を男性に求めがちなんでしょうかね。

そして、メンヘラ度は大です。
ついつい、セクシーな格好に誘惑されて手を出してしまいますが、後が面倒。
男の本性を知っているので、看護師ほど粘着質ではないですが気をつけたほうがいい存在です。

その他上位ランク

その他として、「介護士」「美容師」なんかも上位にランクインしています。
こちらも汚物を取り扱ったり、男性に触れる機会の多い職業なのでエロさも抜群です。

「風俗嬢」なんかは手を出すのは簡単でもメンヘラ度が高いので、警戒してかかったほうがいい職業です。

「アパレル店員」に関しては、そんなに名は挙がりませんでしたが、僕もバンドを始める前には確かにその職業の方と何人か接したことがあるので、一般的に上位に入るのは確かかもしれません。

手を出すならこんな女を狙え!

せっかくなので、職業以外のヤレる女性の特徴をこっそりお教えしちゃいますね。
女遊びに飢えているバンドマンの諸君、またバンドマンと関係を持ちたい女性諸君はご参考に。

黒い服の女を狙え!

%e9%bb%92%e3%81%84%e6%9c%8d

黒い服を着ていると、一見気が強そうで近寄りにくそうな雰囲気に感じますが、そう周りに感じられたいからそういう色の服を好んで着るんです。
自分の決断力の弱さや意志の弱さを隠したい人ほど、黒を選ぶ傾向があります。
だから、押せば崩れるタイプに多いです。

逆に、白や淡い服装の方ほど、実際は頑固で意志の強い方が多いので、口説いてもなかなか落ちません。
演出された可愛さに惑わされないようにしましょう。

バッグの中が汚い女を狙え!

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0

バッグの中が整理整頓されていない状態というのは、脳の中が整理されていない状態ということです。
必要なものと不必要なものを判断する能力が低いんですね。
だから、「これも必要かも?あれも必要かも?」となんでもバッグに入れてしまう。
そんなわけで、男性もそんな雰囲気で受け入れてしまいやすい傾向があります。

靴がすり減っている女を狙え!

%e9%9d%b4

他の服はキレイに着飾っているのに靴が汚かったり、すり減っている女性も狙い目です。
こういう見えにくい部分をだらしなくしている女性は、下半身もだらしなかったりします。
初めて出会った男とセックスしたかどうかなんてのは自分から言わない限り、他人には分からないのですからね。
靴底と同じように、「バレなきゃ、まぁいっか」って感じです。

本当にオシャレが好きな女性なら、つま先から頭のてっぺんまで意識するはず。
靴だけ意識が低いのは、ファッションが好きなのではなく、異性によく思われたいという傾向が強いです。

口がいつも開いている女を狙え!

%e5%8f%a3

「口元がゆるい女は股もゆるい」と昔から言われていますが、昔から言われるだけのことはあるなと思います。
ですが、こういう女性は口も軽く、隠しごとができません。
なので、手を出せたとしても周りにペラペラしゃべられる危険性がありますから、バンドマンの皆様は気をつけましょう。

▼関連記事

▼タダでは言えないウラのウラの話

打ち合わせ

ギタリストchoroの「音楽よもやま話」プレミアム』では、公には言えない裏の裏の濃厚なお話を限定公開しています。

なにせ僕も音楽業界で生きている人間ですし、本当にタブーな話はできないんです。
同じバンドマン、業界人、ライブハウスに目をつけられたら業界で生きていけなくなりますから。

ここでも、かなりタブーギリギリの限界に挑戦させてもらっていますが、さすがにお伝えできるのはここまでが限界。

「バンドマンの生態」「バンドマンと付き合う方法」「愛されるファンになる方法」など、オモテには出てこない音楽業界の真相を、バンドマン、業界人、ファンのリアルな体験談を通してお伝えしています。

いいねより、リツイート!