よい音楽さえ作り続けていれば必ず認めてもらえる

「世の中そんな都合のいいはずがない」と思う方もいるでしょうが、夢を持っている方にはそう思ってもらいたいものです。
先日、「よい音楽だけ作っていれば認めてもらえる時代は終わった」っていう記事を書いておきながら何をオマエは言ってるんだ!と言われるかもしれませんが、今回はバンド、アーティストを取り巻く外側の話ではなくて、アーティスト本人についての話です。

よい音楽を作ってさえいれば認めてもらえると思っているヤツがいない

%e3%82%88%e3%81%84%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%95%e3%81%88

「よい音楽さえ作っていれば認めてもらえる」と口にするヤツはけっこういます。
また、そう思ってる気になってるヤツもけっこういます。

だけど、本当に心からそう思っている、そう信じている人ってほとんどいないんですよね。
みんな、実は自信がなかったりするんですよね。
そして、そういった自信のなさが態度や行動に垣間見えてきます。

そんな態度や行動を、周りの人達がちゃんと感じているから結果的に認められないんです。

みんなが自信のない時代

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8c%e8%87%aa%e4%bf%a1

よい音楽だけ作っていれば認めてもらえる時代は終わった」で「認められる大人がいなくなった」と書きましたが、つまり、みんな自信がないんですよね。
一番自信を持っていなければいけない音楽業界の人間が自信を持てていないということです。

で、これが今、業界全体に広がっていると思います。
「1億総不安社会」ですね。

ミュージシャンも自信がないし、ファンも自信がない。
こんな時に活躍するのは自信のある人間です。

自信のない人達は、自信のある人を求めます。
「絶対大丈夫」「オレが責任持つから任せて」
その言葉より頼りになるものはありません。

だから、自信さえ持っていればチャンスは必ず待っています。

自信のある人ほど何でもできる

%e8%87%aa%e4%bf%a1%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e4%ba%ba

「よい音楽を作っている」と本気で思っている人ほど、実はしっかり宣伝して、しっかり営業しています。

だって、よいモノは誰かに伝えたいですよね?
普通、自分がいいと思っているものは他の人にも知ってもらいたいと思うはずです。
だから、一生懸命伝えるために宣伝、営業するんです。

「よい音楽を作っている」と口では言うけど、実際には自信のない人ほど、宣伝も営業も大したしないんですよね。
自信がないから怖くてできないんです。

自身の経験談でいうと、今は休止しているバンドがCDを作った頃、まだ全国流通もちゃんとできていない状態だったのですが、ツアー先の各地のタワーレコードにポータブルCDプレーヤーとヘッドホンを持ち込んで店員さんを呼び止めて自分のバンドの音楽を聴いてもらって回っていました。

当時の僕は自信がなかったですから、「相手にされなかったら嫌だ」「恥ずかしい」「みっともない」みたいに感じていたのですが、リーダーは自身で作詞作曲はしないけれど自分達の音楽には絶対的な自信を持っていて、そういう行動をしていたんですね。

今なら分かります。
本当に自分の音楽がいいと思ったら、知ってほしい、伝えたいですから、自然とそういう行動になるわけです。
たぶん、感じ方も違うでしょう。
相手にされなかったとしても、「この人には分かってもらえなかったか」「もったいないな」「店も自分達のCD置けば儲けるのに」なんて思うでしょう。

ファンも自信を求めている

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%82%e8%87%aa%e4%bf%a1

「よい音楽」なんて正直誰もわかんないんですよ。
だから、みんな「これがよい音楽と信じている人」を探してるんです。

こんな1億総不安社会で、「良かったらCD買ってください」「良かったらライブに来てください」なんて、ファンに責任を押しつけるような態度では、ファンも業界の人も味方には付けられません。

「絶対後悔させないから1度ライブ見て」と言い切れる人。
それが、本当に「よい音楽を作っている」人なんですよね。

「全然ライブ良くないじゃん」って思われることはあるでしょう。
だけど、「嘘つき!金返せ」なんて思わないと思います。
「音楽は個人の好みの問題」なんてことは、もちろんみんな分かってるのですから。

ファンがアーティストを広めていく

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%8c%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%88

これも、「よい音楽だけ作っていれば認めてもらえる時代は終わった」で書きましたが、「だからオマエらファンがもっと頑張れよ!」って話じゃなくて、ファンに任せて「【拡散希望】」「【RT希望】」すればいいってことじゃありません。

本当に拡散してほしい気持ち、リツイートしてほしい気持ちを態度や行動で示していかなきゃ伝わりようがありません。

「自分がいいと思っているものは他の人にも知ってもらいたい」という心理は、アーティストもファンも関係なくある人間の心理です。
そして、その情熱はみんな無意識に感じています。

「よい音楽さえ作っておければ認めてもらえる」と思っている人達。
本当に、良い音楽を作っていると心から思えていますか?

いいねより、リツイート!
スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事